ガガガ文庫<br> クラウン・フリント レンズと僕と死者の声(イラスト簡略版)

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader

ガガガ文庫
クラウン・フリント レンズと僕と死者の声(イラスト簡略版)

  • ISBN:9784094510959

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

カメラなんて死ぬほど嫌いだった、のに――

僕は踏まれていた。セーラー服の少女カレンに。「私に約束して。このレンズを使って百の『思い』を撮影すること。……雨野晶(あまのしょう)、あなたには断る権利なんてないんだから」――こうして唐突に、カメラが死ぬほど嫌いな僕と、レンズに宿る少女・カレンとの奇妙な共同生活が始まった。

※※この作品は廉価版です。廉価版にはイラストが入りません。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KUWAGATA

2
文章に抑制がきいていて、最近のラノベで過剰になりがちな萌えもない。ぶっきらぼうといえばぶっきらぼうなスタイルだけど、それが良さにつながっている。この作者も時代の流れに逆らえずに、最近は萌えラノベを書いているけれど、こういうすっきりした文体の小説の方が合っているように思う。犯人の言動はイミフで、わざわざ捕まりにいってるように思えるんだけど、その不自然さを除けば、特に大きな破綻もなく、そこそこ楽しめた。2013/04/12

1_k

2
あとがきがとことんサムイ。サムイと分かってあえて書く、三上先生はなんてチャレンジャーなんだ。本編はちょっと不自然な部分もあるが、平均的なラノベといった感じ。犯人のあたりはちょっとイージーで短絡的か。カメラに写して幽霊をどうのこうの、ってのは少し戦前の香りがして味があるんだか古臭いんだか。キャラのコネタで足りないケレン味を補おうとした努力は見て取れるのだが、残念ながら地味なトーンは隠せていない。一般受けはしないだろうなあ、というガガガらしさあふれる一冊でした。2011/12/01

ハロサイ

2
子供の頃、幼馴染みが殺された上に陵辱写真を見てから写真やカメラにトラウマを持つ主人公が、レンズに宿る少女のシ念に取り憑かれる。背景は重いが本編はふざけすぎずシリアス過ぎずストレートな感じがいい。シ念が美莉につながる事や犯人などミエミエだけど薄っぺらさは感じ無い。ただ、撮影でシ念がどうなるのかイマイチ不明、現像はして欲しかった。あと明るさはF値でしょ、高級MFに内蔵フラッシュ?MFならファインダー見ずにフォーカスしてみせろ、1巻には組織とか不要、と思うが全体では面白かった[☆☆☆--]2011/08/17

愁星

2
今時銀塩カメラの薀蓄を語られてもなぁ。無駄な厨二設定(ネトゲ親父とか左手格闘技とかバラバラ幼馴染とか死体の角膜溶かすとか)が萎えさせる作品です。メインヒロインは多分来栖。2011/02/02

デこ凹

2
発売直後に購入してたのを読み始めて、一冊目。展開に不自然なところとかもあったけど、キャラクターも好感が持てるし、悪い作品ではなかったけれど、あまり面白いとは感じられなかった。多少、残り3巻の展開も気になるけれど、ここまでにしておこう2011/01/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/68908

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。