MF文庫J<br> ヴァンキッシュ・オーバーロード 02 勇者騒乱

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader

MF文庫J
ヴァンキッシュ・オーバーロード 02 勇者騒乱

  • ISBN:9784040669182

ファイル: /

内容説明

覇王因子に覚醒した将人の前に(やっぱり)現れたのは、勇者因子(ブレイブ・フアクター)を持つ常識破りの少女クレス。「王の因子」所有者を探し、学園内で暴走するクレスに唖然とする将人たちだったが……。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アウル

22
冒頭からいきなり新キャラ登場。いろいろ残念すぎる少女だったが良いキャラだな。魔王の部下の策略により主人公が大切な人を傷付けられたといって切れるシーンまでは良かったがその後の展開でシリアス展開が一気に崩れてしまったのが残念かな。。最後に魔王が現れた挿絵をみてアンタが魔王かいと一人ツッコミを入れてしまった。魔王との戦闘はどうなるのか期待。2014/07/30

晦夢

18
勇者因子を持つ、少女の襲撃を受けるも、あっさりと奴隷化する将人。そのクレスから学園に他の王がいると知らされる。他の王も出てきて少し盛り上がってきた。なんかどうもキャラの魅力が弱い気がする。次巻に続く終わり方で、次は魔王との直接対決になるようなので楽しみ。2014/08/04

リプトン

17
冒頭でのポンコツ勇者登場からの魔王とのバトルへと繋がっていく話でした。勇者因子からもっと強い感じのキャラかと思いましたが、なかなかなポンコツ残念キャラでした。でもそこが可愛くもあり、いいキャラしてて良かったです。そんなアホな子を丸め込んで性感帯を触る将人さんマジ鬼畜!変態!(違う) そして、魔王について提示されてた人物を全く疑ってなかったので真の魔王の正体にはまんまと騙されましたね。ノアちゃんの出番少なくて残念でしたがそのうち掘り下げてくれると信じて待ちましょう。次巻はVS魔王ということで楽しみです。2014/08/14

621

14
突発的な感じで変な登場人物が増えたように感じたけど、やはり安定感を感じた第2巻。覇王に勇者、魔王。勇者はとにかくとして――、各々の『王』の登場によって物語は前進している様子。新キャラ登場によっていきなり、リゼットとアイリの出番が薄れたように感じたのは少し残念。……そしてどことなくエロチックだわぁ~。2014/07/27

しぇん

11
ちょっとアホの子だけどまっすぐな良い子の勇者が仲間?になり、魔王の部下との決戦の回。最後に魔王が直接登場し、次でもう魔王との決戦のようですが展開早いですねぇ。日常描写が余りないまま一気に物語を終わらせるんでしょうか?あと一巻の時も思いましたが、個人的には最後の決め時での覇王化のプロセスでお色気シーンはシリアス部分が微妙に感じるようになってしまうので要らないです。2014/07/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8174401

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。