少年サンデーコミックス<br> 超推脳 KEI~摩訶不思議事件ファイル~(7)

個数:1
紙書籍版価格 ¥471
  • Kinoppy
  • Reader

少年サンデーコミックス
超推脳 KEI~摩訶不思議事件ファイル~(7)

  • ISBN:9784091250254

ファイル: /

内容説明

超スピード展開で送る「邪悪な苺」巨編! 警視庁の二階堂龍に送りつけられた一通のメールからすべては始まった。モニターの向こうで不気味ななぞなぞを次々に出題する「不死身の死刑囚」に立ち向かうKEI。一方、木下麻織は部長と東京ドームでスーパーアイドル・ミルキーキッスのライブの開演を心待ちにしていた…KEIは麻織との約束通り東京ドームに行くことができるのか!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

十六夜(いざよい)

7
スピード感はあるものの、最終話はただひたすら京が振り回され、しかも長い!なんだか締まりのないラストで「はぁ…」と置いてけぼり感満載でした。いくら脳が量子コンピューターでも肉体まで超人化するのはいかがなものかと…。前半の巻の京の能力を活かした推理の方が面白かったのに。定価で買ってたらがっかりしてた所。古本だったからまぁいいかの心持ち。無駄に乳の出た表紙も買いづらいわ!2015/04/10

紫雲寺 篝

5
かつてない大事件の結末は……!?最終巻。まず表紙にツッコミ入れたい。今巻この子全然出てこないし。物語は、最終シリーズに名前負けしない、爆弾に次ぐ爆弾。それを命懸けで解除していく風丘。炎の中、巨大冷凍庫の中、上空にまで行き、燃え、凍え、落ちて、それでも駆ける躍動感は凄かったけれど、途中から同じ展開の繰り返しだった気も。爆弾処理も途中から雑だし。最後の敵は思わせぶりながらの退場。もっとビシッと締めて欲しかった気もする。てかビッグバンてなんじゃい。表紙含めツッコミ所はあったけど、作画は割と良かった。2016/10/10

加賀谷大

1
あーあー、とうとう表紙が京じゃなくなっちゃった……。ラストは劇場版コナンも顔負けのサスペンスアクションでしたね。おまけのお茶会www。そういえば貴島さんって……2016/06/16

Q心

1
惰性で買ってたけど、結局なんだったのか良く分からないまま終わったなぁ。しかもエンドレスエンドって。せめて気持ち良く事件を終わらせて欲しかったな。あと最後の事件を派手にやりたかったんだろうけど、派手すぎて置いてけぼりをくらった感じ。今までの事件と違いすぎる。何だかなぁ……。2014/07/22

けい

1
ハラハラドキドキ、面白かった。また続き読みたいな。2014/07/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8102406

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。