バンチコミックス<br> うどんの国の金色毛鞠 4巻

個数:1
紙書籍版価格
¥607
  • 電子書籍
  • Reader

バンチコミックス
うどんの国の金色毛鞠 4巻

  • 著者名:篠丸のどか【著】
  • 価格 ¥792(本体¥720)
  • 新潮社(2016/02発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784107717597

ファイル: /

内容説明

瀬戸内海に浮かぶ小豆島へやって来た宗太とポコ。まっ白な砂浜とやわらかい潮風を肌に感じながら、ふたりきりで過ごす時間を楽しんでいた――。ところが、ふと目を離したすきにポコがいなくなってしまう。必死で島中を探しまわる宗太だったが、中々見つからなくて……。のんびり、やさしい香川で暮らす、宗太とポコの物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

wata

42
人騒がせな誘拐犯のせいでみんながポコちゃん探しに大苦戦。みんなの大事なポコちゃん(^^)そーたさんもホントのパパみたいになってきた♪2015/11/14

くりり

35
誘拐犯ガオガオちゃんが捕まり、街は平和に(笑)、ひょっとしてポコは女の子?2015/11/25

紅蓮

21
前巻がとんでもないとこで終わってたのでドキドキしながら読んだのですが・・・(笑)怪しい誘拐犯は意外なお人だったのですね・・・。クリエイターって変わり者ばっかりかよ!!なんて、間違った認識に落ち着いちゃいそうです。もうポコちゃんの可愛さにはもちろん悩殺されまくってます(笑)それにしても次巻予告・・・12月発売はいいとして、終わるのは季節だけだよね・・・(・_・;)2014/07/29

夕凪@バニーは変えませんw

19
何だこの可愛さ!人間に化けている時も可愛過ぎるのに…しっぽや耳が戻って手まで戻っちゃってジッと手をみつめるポコも、ほぼ狸状態で涙目で宗太呼ぶポコ、完全狸で必死に野生の狸演じるポコも、宗太を想いまた人間になれた途端に必死にネギ片手に戻ってくるポコも、約束を守れなくて落ち込むポコも、宗太を怒らせたと思って涙目でモダモダしているポコも…可愛くて健気過ぎて泣けてくる。ずっとこのままな訳にもいかないんだろうけど、どう決着するのかな?宗太の周囲は容易に受け入れてくれそうだなと思わせる人達ばかりだけ2014/07/13

青龍

18
レンタル本。読み放題で3巻まで読み、続きはレンタルすることに。ポコが人間の姿を保っていられなくなる日も来るのか?という不安を抱えつつ、いい出会いもあった。2019/03/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8128274
  • ご注意事項