角川スニーカー文庫<br> 劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 下

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader

角川スニーカー文庫
劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 下

  • ISBN:9784041008652

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

リーディングシュタイナーの《負荷》が岡部倫太郎にもたらした衝撃の事実。その出来事を機に牧瀬紅莉栖たちラボメンは、なんと岡部の記憶を失ってしまう。だが、そんな紅莉栖の前に思わぬ人物が現れ――!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

papako

23
クリスティーナがんばって!アニメは期待できそう。しかし、ラノベの文章だなぁ。2013/10/25

ほーりえ

10
劇場版視聴済。自分は劇場版も見ていて、内容は大体知っているので大丈夫でしたが、上巻に比べると若干分かりにくかった気がします(内容的に仕方ない気もしますが) 劇場版では描かれなかった視点からの描写もあって、補完的な感じで読むとちょうどいいかも知れないですね。 劇場版未視聴で読むのは、うーんどうなんでしょう。若干難解な部分もあるかも知れません。 しかし、タイムリープを止めるオカリンの悲壮感や、最後の伏線回収は圧巻でした。シュタゲファンなら是非読んで欲しい。2013/06/17

Jam

10
幼女クリスについての言及はやはりというか、なかった。これは公式ガイドブックを買わざるを得ないな...。岡部が揺らぐことについての論理的説明に関して、どうも煙に巻かれているというか。宇宙標準時計は1周目のクリスから4周目までをともに歩んできたとも言え、いい役割を果たしていた。クリスの葛藤が安すぎるのではないか、科学者としての矜持はどこへ行ったのか、と思った人も少なくないと聞く劇場版だったが、本書には葛藤が丁寧に書かれていたと思う。そうだ雑司ヶ谷に行こう。その前にもう一度映画を見に行こう。2013/06/02

フルタワ

9
助手大活躍だったんだね、映画って。そしてオカリンったらなんとまぁ自虐ヒーローもいいところ。この巻では助手もそうだけど、やっぱり出てきたね、裏主人公の鈴羽。二人とも重要なポジションだけど、二人一緒にここまで共闘するのって新鮮な感じでおもしろかった。シュタゲは設定細かいしかなり作り込まれた作品だから、やっぱり今度は時間ある時にじっくり飛ばさず読みたいね。2013/06/11

もち

8
「――これからの時間を、あきらめてほしくない。」◆ようやく到達した世界線で岡部が突き付けられたのは、自身の「消失」という事実だった。それでも彼は受け入れる。タイムリーパーであるからこそ、誰よりもタイムリープの残酷さを知る彼は、時間遡行を否定し、自分の存在も諦めた。牧瀬紅莉栖の慟哭にも応えずに――。■劇場版ノベライズの下巻。起承転結の「転」を繰り返し続ける怒涛の展開は、想定科学アドベンチャーの面目躍如。2014/07/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6825920

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす