講談社現代新書<br> 今を生きるための現代詩

個数:1
紙書籍版価格
¥1,012
  • 電子書籍
  • Reader
  • 特価

講談社現代新書
今を生きるための現代詩

  • 著者名:渡邊十絲子【著】
  • 価格 ¥847(本体¥770)
  • 特価 ¥592(本体¥539)
  • 講談社(2013/06発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062882095

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

詩は難解で意味不明? 何を言っているのかわからない? いや、だからこそ実はおもしろいんです。技巧や作者の思いなどよりももっと奥にある詩の本質とは? 谷川俊太郎、安東次男から川田絢音、井坂洋子まで、日本語表現の最尖端を紹介しながら、味わうためのヒントを明かす。初めての人も、どこかで詩とはぐれた人も、ことばの魔法に誘う一冊。あなたが変わり、世界が変わる。(講談社現代新書)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やすらぎ

182
詩と触れることが減った現代。詩は心を豊かにする。詩は迷いを支えてくれる。作者の気持ちが理解できなくてもいい。自らがどう感じたかを大切にしたい。各々に留まる言葉は異なる。自らの経験がなければすべてを受け止めることは難しい。それが個性であり魅力である。読むたびに印象が変わる、それも楽しみである。未知の感情に気づいたとき、人はまた新たな一歩を踏み出す。それぞれの道へ。同じ道はない。種は足元にある。馴染み深い安心感、経験のない不安感、初めての期待感、そこから詩は生まれる。蕾ほころぶ頃、お気に入りの詩になるだろう。2024/07/13

kana

45
詩はわからなくていいということがわかりました。要は「考えるな、感じるんだ」ということです。私は仕事で何かをわかりやすく伝えるための文章をたくさん書くと、純文学や詩のような、言葉が気持ちよく呼吸するようなフレーズを浴びるように読みたくなるのですが、その感覚を紐解くような現代詩の解釈でとても腑に落ちました。特に「生きる」という詩になぜわくわくできないかを考察する章はなるほど!の連続。社会人になってから詩を読む頻度は激減していましたが、もっと詩の感受性を高めて、その芸術世界に浸かる楽しみを知りたいと思います。2015/10/06

アナーキー靴下

40
詩の読み方、想像の膨らませ方に興味を持ち読んでみたものの、良い意味でも悪い意味でもイメージと違った。良かったところは、いくつかの詩を紹介しながら著者の受け止め方を説明してくれるのだが、詩人である著者の読み解く言葉の数々もまた詩のようであったところ。美しく繊細で鋭い言葉に、詩が立体感を帯びてくる。わからないものをわからないままにしておくというのもとても素敵だ。悪いところは、学校教育での詩との出会いが良くないとか、話を一般化しているところ。著者の感性の鋭さが、むしろ一般化できないことを強く示しているのに。2020/11/24

38
教育には集団を同じ方向に向かせるという側面があるが、詩を味わうということと本質的に相性が良くないのかなという気がなんとなくする。詩は自由だ。取り上げられた中では川田絢音という詩人が気になる。2023/03/26

Tui

29
「みなさん、人に強いられて詩を解読したつまらない体験は忘れましょう」と、序章で、有名詩人によるアンソロジーや、詩に解説をくわえた本へ著者が抱く違和感が書かれている。小池昌代の『通勤電車で読む詩集』で詩へ親しむきっかけを貰った身としては、信頼できると感じる人の解釈であれば、それを媒介とするのもいいのではと思ってしまうけどな。紹介されている現代詩は難解なものが少なくないが、川田絢音は他の詩も読んでみたいと感じた。2019/08/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6721100
  • ご注意事項