電気代500円。贅沢な毎日

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,512
  • Kinoppy
  • Reader

電気代500円。贅沢な毎日


ファイル: /

内容説明

東京に暮らす普通の主婦が実践する、古くて新しい身の丈生活。

一家4人で1カ月の電気代が500円という究極の節電ぶり。
それは「太りすぎた生活」から「究極のシンプル」を目指してのことでした。
冷蔵庫も洗濯機もエアコンも掃除機もない暮らしから、本当の豊かさを感じてみませんか?

日本版ベニシアさんの生活哲学がこの1冊にまとまりました。
単なる“節約”にとどまらないアズマカナコさんの暮らしぶりは、多くの反響を呼んでいます。
便利が行きすぎて不便になる経験をした私たちが求める本当の豊かさのかたちを、アズマさんの生活から感じ取ってみませんか。

目次

1章 電気代500円の贅沢な毎日(家電はいらない 電球3つの生活 ほか)
2章 季節を感じる美味しい毎日(保存食をつくる 朝ごはんはつくらない ほか)
3章 3着を着回すシンプルオシャレな毎日(服は素材と着心地 服は増やさない ほか)
4章 古いものに囲まれたのんびりな毎日(生活自体を楽しむ ないことの価値 ほか)
5章 顔の見えるつながりがある楽しい毎日(携帯電話はいらない 固定電話も21時まで ほか)
6章 余計なお金もストレスもない豊かな毎日(モノを長生きさせる 捨てないために買わない ほか)