ハーレクイン<br> ボスとのキスは罪の味 狂熱の恋人たち III

個数:1
紙書籍版価格 ¥733
  • Kinoppy
  • Reader

ハーレクイン
ボスとのキスは罪の味 狂熱の恋人たち III

  • ISBN:9784596515506

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

「きみの瞳がこんなにきれいな緑色だったなんて」憧れのボス、RJにそうささやかれて、ブルックは舞いあがった。秘書として頑張ってきた5年間は無駄ではなかったのね。熱いキスを受け、彼女は天にものぼる心地になる。もしかしたら、彼の恋人になれるかしら……?いいえ、プレイボーイの彼が秘書と深い関係になどなるわけはない。あきらめかけたとき、別荘に一緒に行こうと誘われる。ボスとふたりきりの甘く危険な週末。どうするの? 迷いながらも、やがてブルックはうなずいた。けれども彼女は、絶対にRJに言えない秘密を抱えていた。■ボスからの突然の誘惑――?! “理想の独身男性”として有名なプレイボーイのボスに恋い焦がれる秘書の恋を描きます。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

akiyuki_1717

0
五年間秘書として仕えたボスの母が夫の殺害容疑で逮捕され、会社も危機にさらされた。平静さを失ったボスをなだめたことで、二人は付き合いだしたが、彼。の母が逮捕されたきっかけを作ったのは彼女自身だった。中盤まで彼は情熱的で冷静なイメージだったのに、後半に向けてプレイボーイのマザコンに向かっていくのが残念だった。2013/10/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6432049

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。