ハーレクイン<br> 七年目のプロポーズ ナニーの恋日記 II

個数:1
紙書籍版価格 ¥722
  • Kinoppy
  • Reader

ハーレクイン
七年目のプロポーズ ナニーの恋日記 II

  • ISBN:9784596222558

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

サヴァンナは姉と子守役(ナニー)派遣会社を経営している。休暇旅行中の家族に同行して子どもの面倒を見るナニーは裕福な顧客たちのあいだで話題になり、評判も上々だ。そして、今回の依頼人はやり手の事業家、デクラン・マードック。その名前を聞いたサヴァンナは凍りついた。7年前、恋人だったわたしを捨て、ほかの女性と結婚した男。すでに離婚した彼はサヴァンナをナニーとして指名しているという。楽しい思い出や別れた日の光景がよみがえり、胸を締めつける。仕事を受けるべきか迷いつつも、サヴァンナは面談の席で彼と再会した。ああ、今も変わらず彼がこんなに魅力的でなければよかったのに……。■2部作〈ナニーの恋日記〉の2話目をお届けします。前妻が育てる娘とひと夏を過ごすことになったデクランは、反抗的な娘との絆をとり戻すため、元恋人のサヴァンナの手を借りることに。7年前、胸が引き裂かれるような思いを味わったサヴァンナの決断とは!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

糸車

12
幸せな家庭を築くにはひとりだけの努力じゃ足りない。懸命に考えた対処法が正しいとは限らない。最初は若気の至りで、二度目はヒロインを切り捨ててでも娘の為によかれと思ってした結婚が間違っていたと結論付けたヒーローの苦悩を考えるとちょっと切ない。最低の元妻でも娘からしたら大事な母親なんだし。対して公平な目でものを考えるヒロインは尊敬もの。ヒーローの中で自分がどういう位置か分かれば待つことも譲ることも出来る強さがある。子供がいる人との結婚にためらわず飛び込んでいける勇気も。相手から愛されていると思えばこそ、ですが。2014/05/14

ひまわり

2
正直こんなヒーロー嫌だわ。7年前、別れた妻に子供がいたことが分かって捨てられたヒロイン。今更子供のためにナニーを引き受けてくれってどの口が言うんだ!2012/12/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5806732

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす