HJ文庫<br> 僕の妹は漢字が読める5

個数:1
紙書籍版価格 ¥680
  • Kinoppy
  • Reader

HJ文庫
僕の妹は漢字が読める5

  • ISBN:9784798604374

ファイル: /

内容説明

クロハのやきもちがだんだん強くなるのを感じながらも、ギンはユズや妹たちと楽しい日々を送っていた。しかしある日、チョウマバヤシ博士がギンに不吉な話をする。「君がクロハと結ばれないと、彼女は消されてしまうのだ――」歴史を左右する危険因子となったクロハに伸びる魔の手。愛するみんなと萌え文化のため、ギンは本当の未来を切り拓く!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サイバーパンツ

14
正しい歴史と妹…世界をかけた選択、宙を舞う光るパンスト生命体……。そんなワイドスクリーンバロックじみた展開の中、語られるのは、あらゆる文化を認め合い、互いに共存し合えという普遍的メッセージ。このシリーズ、正直、二次元文化設定はもう少し活かせないかとは何度も思ったが、SFもイロモノもラブコメもセカイ系も文学も物語も全て回収し、1巻の頃から強く打ち立てていたメッセージに回帰させたのはお見事だし、文字文化の簡易化→記号化というのは、いま考えてみると、かなり先見性があったと思う。社会派SFバカラノベの傑作です。2016/12/03

シュエパイ

9
SFのような、文化論のような、それでいてパンストな、ラブコメディだったような・・・。正しい文学、正しい歴史、正しい人類・・・って何か?たいへんだ、何がなんだか私にも判らない。何か大きな歴史が動いて、HAPPYな未来を見つけたことだけは、判るのですが♪2012/09/05

ファーラス

8
衝撃。グランドフィナーレを見せつけられた。弱さを認めて、克つ。決めるところを、決めきる。パンストそのものとの壮絶な死闘の中にしっかりと5冊分の成長が見て取れ、今やヒロインにも読者にも主人公はヒーローとして顕現しているのである。「大幅に端折ることも、無理に引き延ばすこともなく、書きたいものの9割は書けた」と作者は語るが、読者としても実感があるから恐ろしい。アイデア、技巧、作家性、何一つ勝てる気がしなかったデビュー作は、一般小説含めても初めて。間違いなく希代の傑物である。伝説の誕生に立ち会えたのかもしれない。2012/08/24

zxcvdayo

8
すごい。ほんとすごい。古いものから順番に消えていくの下りとか震えた。1巻では突拍子もないアイディアのように見えた『現代文』の設定も、完全に計算されつくしてる。マジやばい。それだけにどうしても気になるのよ。ユズの立ち位置。いつの間に「過去」代表みたいになってるの?3巻から登場のアマネコは明らかに「未来」を意識して作られてたけど、そこでアマネコとやりあってたのはクロハでしょ。近代文好きってのも含めて「過去」はクロハの役割っぽかった。3巻までは。進みすぎてるギンの小説を訳すのもクロハの悲願じゃないのかと。 続く2012/08/11

リプトン

7
世界観、設定とかなりぶっとんでいたシリーズだったけど、上手くまとめ、きれいに締められ堂々の完結でした。SFのようでラブコメでもあり、それぞれの巻で文学観も語られていて、キャラもよく、シリーズ通してみても良作だったと思います。1巻の衝撃はすごかったですが、インパクトだけではなく、そこまで尻すぼみせずに、ギャグや小ネタも安定し無理な引き伸ばしもなく伏線も回収し、5巻で綺麗に終わらせたのは作者の実力だと思いますし、次回作も期待して待っていたいですね。2013/04/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5239820

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。