月刊コミックアヴァルス<br> ケッコーなお手前です。(2)

個数:1
紙書籍版価格 ¥628
  • Kinoppy

月刊コミックアヴァルス
ケッコーなお手前です。(2)

  • 著者名:みよしふるまち
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • マッグガーデン(2014/01発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784800000156

ファイル: /

内容説明

留学生のユージーンと、家元の御曹司、樹。正反対の二人は茶道を通じて互いの関係を深め合う。そんな彼らに迫る、部活対抗文化祭。茶道部に敵意を燃やす吹奏楽部とも争うことに。茶道部の運命やいかに―。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

☆kubo

2
部長さんの幼馴染も登場してだんだん人が増えてきました。文化祭のお話で懐かしい空気感。この人、元BL畑の人なのか?女の子の扱いとか、オヤジ達の描き方とかそんな感じが…2012/09/20

たぬあつき

2
すれ違っても仲直り。「青春…」と部長と一緒になってつぶやいてしまいました^^言わなきゃ伝わらないし、伝えなきゃわからないよね。樹くんは親との確執があるのかと思いきや、パパさんめっちゃ溺愛しちゃってるのね~。代わりにジーンのパパさんが…という感じ。文化祭はやっぱり文化部の出番。身近に楽しくこういう文化に触れられるのは楽しいだろうな~と。キャラの内面も出てきて良い2巻目でした!2012/07/11

ヨモギ

1
なんだか仲良しさん(笑) まさかのじーさま&とーさまが遭遇(笑) しかもあのときの!? みたいな最後の展開に、主人公な子供たちより気になった(笑)2012/06/17

watausa

0
作法は覚えられないけれど、青春があって面白い!2013/09/20

Marina

0
樹のお父さんとジーンのお父さんは逆のイメージだったので驚き。そして樹に営業スマイルができたことにさらに驚き!学祭の後の食べ物が焼き芋っておもしろいわ。2013/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4949538

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。