月刊コミックアヴァルス<br> ケッコーなお手前です。(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥628
  • Kinoppy

月刊コミックアヴァルス
ケッコーなお手前です。(1)

  • 著者名:みよしふるまち
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • マッグガーデン(2014/01発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784861279287

ファイル: /

内容説明

アメリカからの留学生ユージーンは、何となく高校の茶道部の門をたたく…。異文化に触れたユージーンは茶道に目覚めて…。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

m_hachi04

4
著者の前作「東京ラストチカ」とは、表紙からして全く雰囲気の異なる、学園部活モノ。金髪留学生と茶道家元の跡取りの茶道を通じた青春学園ストーリー。前も思ったけど、絵もストーリーも悪くないけど、インパクトに欠けて、どこかありきたり。化けそうな予感もあるんだけど、なんか惜しいんだよなぁ。内容はともかく、装丁がいいので平積みしたら売れそう。かくいう私も本屋で平積みされてるのを見て、ジャケ買い。買ってから、前の作品読んでたことに気づいたよ。。2011/12/17

nowhere

3
最近名前だけの日常漫画が台頭している中、ちゃんと茶道として茶道部をしているのはそれだけで貴重。留学生のユージーンを通して茶道のことをちゃんと教えてくれている。キャラも良いし次巻も気になる。最後のやりとりは言葉にするのが難しいよなあ、と。2011/12/31

たぬあつき

2
茶道で部活で留学生。おもしろそうな要素たっぷりです。「相手がいること前提の動き」と聞くと、心の作法という感じ?茶道の奥深い部分にも触れられそうな気がします。絵柄もすっきり、涼しげな雰囲気があって◎!気になるところで続いたので、彼らの成長に期待しつつ2巻目読み進めます。2012/07/05

はんたま

2
茶道って何ぞや、って日本人でも説明は至難の業だと思う。わび、さびって言葉は知っててもそれを説明するのは難しい。主人公に「和の心」を全く知らない外国人を持ってくることで、読み手は「そうじゃないんだよ」とやきもきすることもしばしばあるだろうが…そこの解決をスパッとできるのかどうか。感覚的な部分の解説って難しい。2012/02/20

ちびのすけ@灯れ松明の火

2
和風部活もの。家元の息子樹の今まで我慢していた事とか、一見悩みがなさそうな留学生ユージーンの訳ありふうな思い出とかこれからに期待!やっと樹が心を開いてくれたかなーと思ったら、ユージーンの無神経な言葉でシャッターが下りてしまった(。-_-。)頑張る部長さんがいじらしい。2012/01/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4347420

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。