HJ文庫<br> 悪に堕ちたら美少女まみれで大勝利!!

個数:1
紙書籍版価格 ¥680
  • Kinoppy
  • Reader

HJ文庫
悪に堕ちたら美少女まみれで大勝利!!

  • ISBN:9784798604145

ファイル: /

内容説明

異能の力で正義が悪を取締る世界。正義の組織の司令を父に持つ十王正人は、異能を持たないために組織の入隊試験に落ち続け、絶望していた。 そんな折、高校の掲示板で「悪の組織の団員募集」と書かれた怪しいチラシを見て、正人は半ば投げやりに入団。だがそこで出会った少女は、ある意味凄い野望を抱いていた! ――悪の参謀の物語、ここに爆誕!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KUWAGATA

21
実に頭の悪い(貶してません)内容で、久々にスカッとしました。ただ、タイトルは中身を正しく表せてないんじゃないでしょうか。タイトル詐欺というのではなく、逆に損をしてるような気もします。表紙のスカしたような見た目の主人公は、実はとてもハートの熱い、気持ちのいい少年です。ヒロインズも少々ネジが足りなさ気だが、オリジナリティがあって魅力的。特にスカディがいいですね、個人的には。色々設定的に詰めきれていないところはありますが、総じてレベルの高い作品だと思います。続きも是非読んでみたいところ。2013/06/07

きりひと

14
★☆☆☆☆ 天才のお姉ちゃんと、秀才止まりの主人公。世界を救うにヒーローに必要とされる器として見切りをつけられた主人公が、自棄になって悪の組織「おしり団」に入団することから始まるストーリー。「正義」を翳すブラコン気味の姉ちゃんと、反抗期を初めて経験したような「悪」に染まり切れない主人公。それからド変態の「おしり団」団長を間に挟んだ、奇妙な「三つ巴」に、スカディとモリガンといったサブヒロインを加えたラブコメの構図がよくできていて、面白かったなぁ…。うん。良い意味でひどく「バカげた」ラノベでした。満足満足。2013/12/31

shin

14
父と姉がいる正義の組織の入隊試験に落ち続けた正人がたどり着いたのは学校でひっそり活動する悪の組織おしり団だったお話。シリアスも一瞬で台無しにしてしまうおしりを愛するちっちゃい団長はインパクト抜群でしたが、徐々に見えてくる大多数の常識を押しつけようとする正義と、自分を犠牲にせず生活するためには正義の枠から外れてしまう者の居場所になる悪の対比には考えさせられる所もあって、悪を肯定して成長する正人達の姿に胸が熱くなりました。切り札はまさかのおしりで最後まで圧倒されたけど、深く考えたら負けですね…楽しめました。2013/01/29

Hail2U

13
長文タイトルだし名前がアレだし、直前に読んだのがファミ通のUFOだしで全然期待してなかったのが見事に裏切られた。何これ!?めっちゃ面白いんだけど!?グループ名なんかはアレだけどテーマがしっかりしてブレてない。文章も読みやすいし山場の作りも上手い。最後の盛り上がりも三段階を踏んでいるし、エピローグ前の親父の心情で正義とは何か、悪とは何かを問いかける起爆剤になってる。正直大当たりだった。HJで一番面白いかも。9/10点 オチはアレだけどまあいいんじゃね? お尻への愛はしっかり伝わったぜ。2014/04/01

ころん

12
正義の組織MINOSのエースであるあてなを姉に持つ正人は何度も入隊試験を受けるものの不合格ばかりだった。5回目の不合格を言い渡されたある日、通っている高校で悪の組織おしり団が団員を募集していることを知る。地雷っぽいタイトルだけど良くも悪くも馬鹿馬鹿しくてさくっと読める良作。正義を強制されることに疑問を感じ反発してしまう人が集まるのが悪の組織だ、みたいなシリアスな一面もあるのに、おしり大好き団長の存在ですべてが台無しに。おしり大好き団長のおしり愛ですべて解決しちゃうって…面白かったからこれでいいのか、なぁ…2012/06/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5097718

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。