PHP新書<br> 日本の医療この人を見よ - 海堂ラボvol.1

個数:1
紙書籍版価格 ¥799
  • Kinoppy
  • Reader

PHP新書
日本の医療この人を見よ - 海堂ラボvol.1

  • 著者名:海堂尊
  • 価格 ¥650(本体¥602)
  • PHP研究所(2012/04発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

【電子書籍限定! 特別あとがきに加え、海堂ワールド作品相関図他、豪華7本立て巻末付録を収録!】「動かなければいけないときは動く」の信念で、埼玉県の交通事故死激減の立役者となった救命救急医。自ら開発した器具で、三、四分で終わる白内障手術を行う眼科医。相対的な倫理より患者の人生を重視する、代理出産の旗手……。メディアによって医療が叩かれやすいこの時代に、「すごいでしょ、こんな人がいて、日本を支えてくれているんだぜ」と著者が胸を張って言える方々をゲストに招いたトーク番組、「海堂ラボ」を書籍化! 【対談ゲスト】■國松孝次(ドクターヘリ推進の核弾頭) ■山本正二(Aiの中心的存在) ■足立信也(豪腕の参議院議員) ■北島康雄(大学病院を黒字化) ■堤晴彦(闘う救命救急医) ■木ノ元直樹(医療を守る弁護士) ■辻井博彦(重粒子線がん治療) ■赤星隆幸(三、四分の白内障手術) ■根津八紘(代理出産の第一人者) ■藤田眞幸(法医学のプロ) ■大友仁(被災地医療の担い手) ■香山リカ(震災後の心を癒す)

目次

人の生命を等しく尊重する社会へ―國松孝次
Aiを活用し死から学び、医療に役立てる―山本正二
紅蓮‐国民に安心を、医療に信頼を―足立信也
“超”一流で日本一―北島康雄
動かなければいけないときは動く―堤晴彦
国民のために、正当な医療を守る―木ノ元直樹
より強く、より優しい治療を目指して―辻井博彦
最高の手術を―赤星隆幸
相対的な倫理よりも、患者の人生―根津八紘
犯罪対策は社会の大きな柱―藤田眞幸
笑顔と思いやりは薬以上に大切なもの―大友仁
慰められるより慰めることに喜びを得る―香山リカ