小学館文庫<br> 戸隠秘宝の砦 第三部 光芒はるか

個数:1
紙書籍版価格 ¥628
  • Kinoppy
  • Reader

小学館文庫
戸隠秘宝の砦 第三部 光芒はるか

  • 著者名:千野隆司【著】
  • 価格 ¥627(本体¥570)
  • 小学館(2012/07発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

秀吉の秘宝を巡って、戸隠での最終決戦!長編伝奇小説、ここに完結!

秀吉の遺した秘宝の手がかりを、敦賀の気比神宮にまで捜しに行った近忠だったが、手がかりとなる図面は高嶋屋五郎左衛門に、財宝を開ける際に必要な宝刀は、鼠小僧次郎吉に奪われてしまった。
江戸に戻ってきた近忠は、高嶋屋と小浜藩の内藤主殿たちが、隠し場所の戸隠に出かけるのを知り、仲間たちと追いかけた。前回と同じ、辰次にお絲、亥ノ吉に義兄の欽之丞が加わり、5名での旅立ちだったが、角雲、大けがをした千代吉、それに十蔵と孫娘のお良が後に参加し、9名になった。
川を舟で渡ろうとした一行の行く手に、次郎吉の一味が現れ、お絲を攫っていった。味方と思っていたものが、敵と通じていたのだ。
次郎吉は、戸隠の里に住んでおり、秀吉の秘宝を探しに来た一味からお宝を奪い取ろうとしていた。
果たしてお絲を救い出せるのか。また、三つ巴の戦いの行方は。
秀吉の秘宝は、誰の手に渡るのか。