ファミ通文庫<br> 学校の外階段1

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader

ファミ通文庫
学校の外階段1

  • ISBN:9784047279285
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

内容説明

「何かに熱中するのは、そんなに素晴らしいことなのか?」天栗浜【てんぐりはま】高校1年の水川徹紀は気楽な監査委員。特に「階段部」なんて連中は最も理解不能な人種だった。しかしひょんなことから部費の不正流用の調査を押し付けられ、“相方”に指名された「星の女神様」上原莉梨子に引っ張りまわされることに。こんな探偵の真似事、適当にやればいい。最初はそう思っていた。しかし各部の調査を進めるうちに彼の心はざわつき始める――。ビバ青春の無駄足、再び!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

humbert_2

4
物事に参加出来ない女の子と、日々を怠惰に過ごそうとする少年の二人が、学校の熱意溢れるサークルに感化され、成長していく話。「学校の階段」の外伝として出ているが、舞台が同じなだけで階段部や前作の登場人物は話でしか出てこず、ほぼ別の話という認識。ただ、謎のことに全力を燃やす青春を登場人物達が過ごしてるのは変わらなかった。相変わらずいい舞台。続くらしいけどこれから階段部の面々と交流はあるのか、楽しみ。2012/05/26

tegege

2
階段シリーズのゲーム体育会なカタルシスとは無縁。普通の青春小説になっていた。その頭の切り替えせねば、楽しめない。単に階段キャラの登場を待ってページめくるだけになってしまう。2012/05/05

tukoteku

2
甘福あまね先生の絵が結構変わってる。名作再び!これは読み返したくなる、何やら胸に熱いものがこみ上げてくるぜ。2012/04/11

葛野桂馬@時津風@ハスター

2
本編が終わり、短編集が終わり、もう終わったかぁと思っていたところへ出てきた外伝。本編ではあまり出てきた印象のない「星の女神さま」大活躍(?)の一冊。ただ、舞台が同じというだけで、あまり『階段部』が係わってこなかったのが寂しいかな。外伝ではあっても、飽くまで『学校の階段』シリーズとして、階段部には頑張って欲しい。2012/04/04

ハヤテ・しっぷうエクストリーム

2
大好きだった学校の階段の新作と聞いて、読まずにはいられませんでした。読む前は、神庭達が2年生になってからの話かと思ってたけど、あのころ、背景ではこんなストーリーがあったのかと、楽しんで読んでました。階段部の面々はほとんど出てこなかったけど、本編のサブキャラたちが活躍してて、なんだか懐かしかったです。続くのは予想外だったので、今後が楽しみです。できれば、井筒妹の話が読みたいなぁなんて…w2012/04/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4694352

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす