ハーレクイン<br> 残酷な求婚―愛を運ぶ遺言〈5〉

個数:1
紙書籍版価格 ¥733
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ハーレクイン
残酷な求婚―愛を運ぶ遺言〈5〉

  • 著者名:エミリー・ローズ/土屋恵
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • ハーレクイン(2011/11発売)
  • 2020読書週間 Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/3)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

宿の経営者である老人に土地の売却依頼の交渉に行ったギャビンは、交換条件として孫娘と結婚してほしいと言われ、仰天する。彼の孫娘サブリナは、魅力に欠けるどころか男なら誰でも彼女を抱きたいと思うほど、美しくセクシー。ただ、つらい恋を経験したのか、心を閉ざしていた。家庭を顧みなかった父を持ったせいで、ギャビンには結婚への憧れはない。老人の言葉をいぶかりながらも、サブリナを誘惑したギャビンはさらに驚いた。ふたりのベッドでの相性は完璧だったのだ。ギャビンはサブリナに結婚を申し込むことにした。彼女への興味はただの欲望だ――そう自分に言い聞かせて。■プロポーズの裏に隠した、ひそかな企み。情熱を分かち合うだけの愛なき結婚のあとに待っていた展開とは? 〈愛を運ぶ遺言〉、来月の最終話では、末弟トレバーが思いもよらぬ女性を花嫁に迎える事態に!