新潮新書<br> ねじれの国、日本

個数:1
紙書籍版価格 ¥770
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

新潮新書
ねじれの国、日本

  • 著者名:堀井憲一郎【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 新潮社(2012/04発売)
  • お盆休みの読書に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/13)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784106104381

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

この国は、その成立から、ずっとねじれている。今さら世界に合わせる必要はない。ねじれたままの日本でいい――。建国の謎、天皇のふしぎ、辺境という国土、神道のルーツなど、この国を“日本”たらしめている“根拠”をよくよく調べてみると、そこには内と外を隔てる決定的な“ねじれ”がある。その奇妙で優れたシステムを読み解き、「日本とは何か」を問い直す。私たちのあるべき姿を考える、真っ向勝負の日本論。

目次

第1章 建国記念日のふしぎ
第2章 天皇家とは何だ
第3章 ガーコンによる近代の超克
第4章 中国とは東アジア王選手権の会場である
第5章 神道は日本のオリジナルなのか
第6章 ねじれたままの日本でいい

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

362
日本の建国記念日から話を起こした日本論。確かに日本は他所から見ると不思議な国だけど、内に通用する理屈と外に通用する理屈を分けてると考えると納得。日本は別に海外でなくても大半の日本人は平和にやってるし、中国のようにステージにはなってないし、そう考えるといい国だなと思えた。2016/11/10

ほっしー

10
“ねじれ”という要素を使って日本とは何かを問い直した本。個人的にねじれ=なんとなく、ぼんやりだと解釈した。良くも悪くも協調性が求められる日本。なんとなくで今までの日本社会はうまく回っていた、表向きは。しかし、徐々に矛盾点が浮き彫りになってきたり、外国の影響が入ってきたりして外向けの対応も迫られている。個人的にはこのままねじれたままで良いと思っている。一方、仕事などでは論理的に物事を決めるべきだと思う。ねじれたままで良いとしても、ねじれている状況だということを自覚しながら生活していきたい。2019/04/11

calaf

9
日本の心の歴史?面白すぎる...(爆) でも、確かに...と納得しそうになる所が微妙 (笑) 何だか、日本人って引きこもりの民族なのかな (^_^;;;2012/02/17

かりんとー

6
中国のとこは同意。チベットがひどい目にあわされてるっていうけど、漢民族が倒されてチベット政権になる可能性もあるんだよなあ。そう考えるとそれほど声高にフリーチベット叫ぶ必要あるのかなあ、とは思う。2016/11/18

きなこ

5
ケムに巻かれているような文章。日本は外面と内面が違い、そのことを日本人自身が分かっていない、みたいな話。なるほどなあ、と思うところもあったけど、ほんとはよくわからなかった。2019/03/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4324789

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。