ハーレクイン<br> アレジオ公国の花嫁 愛に惑う二人

個数:1
紙書籍版価格 ¥722
  • Kinoppy
  • Reader

ハーレクイン
アレジオ公国の花嫁 愛に惑う二人

  • ISBN:9784596126368

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

重要な会議に遅刻しそうになり焦っていた建築士のジゼルは、空いたばかりの駐車スペースに自分の車を割りこませた。順番を待っていた高級車の運転席を見ると、男性が不機嫌そうに「なんて女だ」と言っているのがわかる。すると彼は車を降り、ジゼルの行く手をふさいでなじり始めた。まるで世界が彼の思いどおりになると信じているような剣幕で!隙を見て逃げだしたものの、数時間後、ジゼルは真っ青になる――その男性が、大事なクライアントとして目の前に現れたのだ。彼の名はサウル・パレンティ、ある国の王族出身の実業家だという。さっきの報復が始まるかしら……。ジゼルは自らの行いを悔やんだ。■堅実な人気を誇るペニー・ジョーダンの最新二部作は、絶対に読み逃せない豪華な設定。主人公が共通の連作を二カ月続けてお届けします。言い争いから始まった二人の恋は、どのようにして“世紀のハッピーエンド”へと向かうのでしょうか?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やまと

3
しまった!続き物でした。2015/08/26

ひまわり

0
出逢いから結婚まで編。2012/02/16

Mari

0
★★★★2012/02/14

MOMO

0
ジゼルちゃん、駐車場に関しては、どう考えてもあなたが悪いわ!でもねぇ、サウル君、あの後のあんたの行動は、あまりにも大人気ないわよ!そんな少々意地っ張りで、なにかと我をとおそうとする二人のロマンスは、どちらもが幼少時の出来事によって、絶対に結婚しないし、子供も作らないと決意しているため、お互いに惹かれあう気持ちをどちらもが必至になって否定してくれます。二人の心の動きや葛藤は、少々丁寧すぎると感じるほど丁寧に描かれていたし、トラブルの元凶悪女も良い味を出してくれていたので、私的には楽しく読めました!2011/09/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3982325

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす