シンメトリー

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • 電子書籍
  • Reader

シンメトリー

  • 著者名:誉田哲也
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 光文社(2011/03発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784334749040
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

百人を超える死者を出した列車事故。原因は、踏切内に進入した飲酒運転の車だった。危険運転致死傷罪はまだなく、運転していた男の刑期はたったの五年。目の前で死んでいった顔見知りの女子高生、失った自分の右腕。元駅員は復讐を心に誓うが……(表題作)。ほか、警視庁捜査一課刑事・姫川玲子の魅力が横溢する7編を収録。警察小説No.1ヒットシリーズ第3弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

射手座の天使あきちゃん

520
「あんた、同僚には嫌われるタイプだろ」過ぎた正義をもつ元警察官からの一言に 「・・・はい、同僚に限らず、上にも下にも敵は多いです」と言い切る「ドS」の姫川さんがド・ストライクですぅ(笑)  今回は短編7編、おぉ「シンメトリー」を真ん中に右に「右では・・・」左に「左だけ・・・」と、なるほどタイトル配置までもがシンメトリーですねぇ、ブラボー! (^_^)V2014/10/24

☆ぉりん☆

447
かなり読みやすくて、あっと言う間に読み終わった。 ドラマで見てるはずなのに、やっぱりりあんまり覚えてない。でも読んでて、竹内結子や西島くんや、宇梶さんが目に浮かんで、当時ハマってサントラまで借りて、それ聴きながら読んで、最高に浸れて面白かった。当時玲子はほんとにキレイで気が強くて、カッコイイ女だなぁと思った。菊田の優しさも染みるし。 順番がおかしくなっちゃったけど、他のシリーズも読まなきゃ。連ドラは録画残ってないけど、スペシャルの分はまた映像で観て、美男美女拝みたい。2014/02/26

再び読書

442
姫川シリ-ズの第3弾、短編集でした。「インビジブルレイン」を先に読んで、しまったっと思ったのだが、杞憂に終わった。長編のスピード感はないが、短編の切れはしっかり感じられました。でも、何かシリーズ本の順番を必ずつけて欲しい。ある意味面白さも一部奪われます。作者さんたち、お願いします。っつうても見てくれてはいないですが・・・。出版社はだれか見て健闘下さい。本筋に戻りますが、表題のシンメトリーや、短編のタイトルの並び、やはり誉田氏は只者ではありません。2013/01/08

どんちん

407
ドラマを見ていたので、なんとなくストーリーは覚えていた。が、短編だけにドラマは前後左右?に脚色があり、別物という感じであった。ドラマは事件!という感じが全面にでていたが、これは、(作品にもよるが)全体的にもう少し人情系が強いかな、という印象だった。前2作がちょっとグロ系すぎた感じがあったせか、どれも意外と普通だw この7作品の中では、「手紙」がよかった。(多分)ドラマになっていないせいもあるのだろうが、姫川と人情の組合せが妙な不可思議感を醸し出していると感じた。TVの姫川キャラの印象が強いせい?ww2014/03/17

ehirano1

388
1つ目の「東京」。どうしてタイトルが「東京」なのかと思いながら読み進めましたが、最後の最後で良く分りました。しかも、じ~んと沁み渡って・・・・・。タイトルは確かに「東京」ですね。2018/01/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2392198
  • ご注意事項