マルドゥック・スクランブル(4)

個数:1
紙書籍版価格 ¥460
  • Kinoppy
  • Reader

マルドゥック・スクランブル(4)

  • ISBN:9784063844085

ファイル: /

内容説明

バロットとウフコックは、ボイルドとの死闘から危うく救出される。しかし、力に溺れ暴走したバロットは、ウフコックを濫用し、ズタズタに傷付けてしまう……。自らの犯した過ちに絶望する彼女が目覚めた先は“楽園”。束の間訪れた平穏な時間を過ごすバロットにまたも刺客の影が迫り来る――!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

exsoy

17
何事もなかったかのようなウフコック、カッコ良すぎる。あと番外編も良かった。2011/01/10

海猫

15
順調にカジノ編手前まできた。この後のギャンブル戦がストーリーとしても作品としても越えるべき山だろう。2011/01/10

きのと

6
ファフナーの沖方丁さんと聲の形の大今さんということで。最後まで同じ敵で引っ張るタイプの話ですね。ドクターのキャラちゃんと付いてないような。普通におもしろいし、やっぱこのタイプの絵は好きだな。2015/02/21

緋莢

4
誘拐犬5人組との戦いの中でウフコックを濫用、その後のボイルドとの闘いでウフコック共々、傷ついたバロットが目を覚ましたのは“楽園”という場所だった。そこはウフコックとボイルドが生まれた場所で・・・2015/01/11

龍田

4
楽園と呼ばれる医療研究施設。ネズミと少女、イルカと少年、色々な愛・パートナー関係があるな。2012/12/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1784835

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。