文春文庫<br> 妖の華

個数:1
紙書籍版価格 ¥902
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
妖の華

  • 著者名:誉田哲也
  • 価格 ¥763(本体¥694)
  • 文藝春秋(2016/05発売)
  • たのしいひな祭り!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~3/3),文藝春秋 ウルトラ電読フェア ポイント増量!(~3/14)
  • ポイント 240pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167780029
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

ヨシキはヤクザから半殺しにされそうな窮地を、謎の女に助けられる。女は、妖艶な美貌でスタイル抜群のNO.1風俗嬢の紅鈴(べにすず)。彼女は人ではない、「闇神(やがみ)」と呼ばれる異形の種族だった…。同じ頃、喉を猛獣に食い千切られたような変死体が発見された。警察はその手口から3年前の組長連続殺人との関連を疑い、2つの事件を繋ぐ重要参考人・紅鈴を追う! 大人気「姫川」シリーズの原点となる衝撃作が復刊。第2回ムー伝奇ノベルス大賞優秀賞受賞作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

427
誉田 哲也は、新作をコンスタントに読んでいる作家ですが、デビュー作は未読でした。先日『妖の掟』を読んだので、未読の本書を読みました。デビュー作とは思えないクオリティの高さと面白さ、今後も誉田 哲也を読み続けていきます。 https://books.bunshun.jp/articles/-/55222020/08/18

三代目 びあだいまおう

283
定めを背負いし女、紅鈴の哀しき生き様に心が震えた。闇神という呪われた一族の血を引き、人間に紛れて現代の闇で潜むように、逃げるように生きる紅鈴。生きるために人の生き血を吸わねばならぬ彼女は自らの定めに秩序を敷き、遥かな過去よりの罪を背負いて妖しいまでの美しさを闇に漂わせ生きる。えげつない程のグロと、際立った女主人公のキャラ立て、そして圧倒的なリーダビリティーはデビュー作から『誉田ワールド』でした❗私は紅鈴に寄り添い生きれただろうか。真実を知り、それでも彼女を支えられただろうか?哀しき女の定めに泣いた‼️🙇2019/09/01

absinthe

247
ストライクゾーンど真ん中。警察小説+ホラー。ラブクラフト的な恐怖ではなく、闇の宿命を負った美女に共感するお話。超絶な力を持ち、そして美しい吸血鬼の悲しい生き様と死にざま。ラストもよかった。ただ本書、デビュー作に近いらしく、後書きでも小説として荒削りであると指摘されていたが全然気にならなかった。2016/12/05

ウッディ

218
3年前の事件で、日本古来の吸血鬼「闇神」の最後の一人になってしまった紅鈴。やくざに絡まれていたのを紅鈴に助けられたヨシキは、彼女の元に転がり込む。前日譚の「妖の掟」を先に読んだので、違和感なくこの世界に入れ、楽しめたが、強烈な残虐さとグロさ故に、こちらを先に読んでいたら、同じように楽しめたのかは疑問が残った。紅鈴やヨシキのキャラも少し弱かったような気もした。それにしても、不老不死で、超人的な能力を持つ闇神だが、食べる楽しみもなく、日光を避け、人の生き血を飲まなければ生きられない存在の悲しさが印象的だった。2021/09/11

いつでも母さん

152
【再読】あの頃··まさか紅鈴の話に続編があるなんて想像もしなかった(前日譚やエピソード0だけど)それがどうだろう!シリーズの近未来の作品が刊行されると言うではないか!!ここからどう繋がれるのだろう?ワクワクしかないのだが、そこに紅鈴は居るのか?それが一番気になるのだ。このシリーズは紅鈴あってこそだと思うのだ。2023/01/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/768864
  • ご注意事項
 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす