革命をプロデュースした日本人 評伝 梅屋庄吉

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,870
  • Kinoppy
  • Reader

革命をプロデュースした日本人 評伝 梅屋庄吉

  • 著者名:小坂文乃【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 講談社(2013/12発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

孫文の革命へ2兆円を捧げた日本人がいた! 勃興期の映画産業で築いた巨万の富を、梅屋庄吉は惜しげもなく孫文へ捧げた。2人の盟約とは? 梅屋の死後、公開が禁じられていた資料が、曾孫により陽の目を見る。

目次

第1章 「猫魂」が宿った少年
第2章 君は兵を挙げたまえ。我は財を挙げて支援す
第3章 革命を支えた映画ビジネス
第4章 中国の歴史が動いた日
第5章 大義をもって友をかくまう
第6章 恋愛シェルター
第7章 再起
第8章 引き裂かれる二人の盟約