文春文庫<br> 彩り河 〈下〉

個数:1
紙書籍版価格 ¥775
  • Kinoppy
  • Reader

文春文庫
彩り河 〈下〉

  • 著者名:松本清張
  • 価格 ¥774(本体¥704)
  • 文藝春秋(2016/05発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167697259
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

大音量のロックが鳴り響く真昼の映画館の2階で、銀座の高級クラブ「ムアン」のママ・和子が殺された。それを追うように山梨県東部の山林で縊死した東洋商産社長の高柳秀夫は、和子の本当のパトロンなのか? 東洋商産を倒産へ追いやったものの正体は? 事件を追う井川たちが真相に近づくにつれ、巨大な黒い手が襲いかかる。累々たる屍の果てに見えてくる風景は? 時代風俗をたくみに織り込んで、知られざる聖域・銀行と財界の腐食をリアルに描いた傑作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

巨大猫 vaicorinthians gavioesdafiel

53
スルッとラストまで読めました。ドロドロの内容かと思いきや、起承転結のしっかりした作品。終わり方が半端な感じがするけど流石に清張。上下で100円で買えた神保町に感謝です。2020/01/02

だい

5
主人公が変わりながらの謎解きの構成は、斬新で奇抜。最後のエロティクな描写も、情事を得意とする作家ならではで、目を見張る。これは35年前に書かれた物語だが、新鮮さを失わない文体はとても力強くて熱い。2018/11/06

Miyuki Usa

4
この装丁、しっくり。 タイトルは、著者が夜の銀座ネオン街をイメージしたものだそう。 利権にまみれた愛憎の復讐劇です。 著者の得意とするところ! 2011/09/07

hidekiwarm0513

2
前半は比較的ゆっくりとした進行だが随所に伏線がはられてて、展開がきになる。最後の最後で不明だったことが一気に片付き、若干物足りなさを感じた。2013/05/18

紫の煙

2
文体が客観的で簡潔。読みやすい。いかにも社会派といった 内容。銀座クラブを舞台に、銀行、政治家、ジャーナリストの 登場と時代を感じさせる部分も。 2010/04/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/547813

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす