文春文庫<br> 彩り河 〈上〉

個数:1
紙書籍版価格 ¥775
  • Kinoppy
  • Reader

文春文庫
彩り河 〈上〉

  • 著者名:松本清張
  • 価格 ¥774(本体¥704)
  • 文藝春秋(2016/05発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167697242
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

高速道路の料金所は不思議な場所だ。ドライバーは職員に注意を払わないが、窓口の「立ち番」からは客がよく見える。出世競争に敗れ、今は料金所で働く井川正治郎は、ある日高級車の運転席に元愛人の和子の姿を見た。助手席には、かつてのライバルで東洋商産社長の高柳秀夫が乗っていた。見違えるほど美しくなり、高級クラブのママに納まっている和子に、井川は再会を試みるが、相手にされない。落胆する井川に奇妙な男が近づいて…夜の銀座に渦巻く色と欲の人間ドラマ!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

猫夢 vaicorinthians gavioesdafiel

50
黒革の手帳に続く松本清張の長編を初めて読みました。難しいかなと思いながら読み進めるとサラッと上巻を読み切った。入り込み易い内容だと思います。2020/01/02

だい

6
300ページまでは下地ならし、それから事が動く!それも急に。2018/11/06

無添

3
銀座の高級クラブのパトロンは誰なのか。仮面の下の本当の貌は? 知られざる聖域・銀行と金融界の闇2019/03/09

y_e_d

2
伏線が巧妙過ぎて失敗している(と自分が勝手に思っている)作品もあるけど、これは読んでいて楽しい。主な登場人物が5~6人あるが、誰もが印象が強くてどんどん先を読んでしまう。誇張がなく簡潔で、歯切れの良い筆致はさすが。弱い立場の一社会人が巨悪に挑む構図はやはり面白い。そして下巻へ。2018/10/20

クロッチ

1
出だしから想像すると高速道路の料金所で働く人が事件を解明すると思っていたが、なかなか出てこないで結局出てきたのは下巻になってから。こういうところを含めても松本清張作品は面白いなあ。2017/11/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/547812

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす