ZERO-SUMコミックス<br> di[e]ce―ダイス―: 2

個数:1
紙書籍版価格 ¥607
  • Kinoppy
  • Reader

ZERO-SUMコミックス
di[e]ce―ダイス―: 2

  • ISBN:9784758053495

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

陽輝と離れ離れになってしまった輝月。ショックを受ける輝月に、シオンはさらに衝撃的な事実を突きつける。二人が巻き込まれたこの“ゲーム”の目的は?そして輝月の前に現れた謎の男――…!さらに加速する最も過酷なゲーム――!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミュポトワ@猫mode

38
ダイス 2巻目。なんか脱出ゲームみたいな漫画だなぁってこの巻を読み終わったくらいから思いました。脱出ゲームみたいに閉じ込められて所から脱出するわけじゃないけど、ミッションをクリアーして生き残るのはそんなゲームに近いのかなって思いました。つか、主人公がリアルで人が死ぬのにゲーム感覚でしか対応できないところにイラつきます。リアルはリセットできなんだよってわからないものかな。まぁゲームのリセットを使いまくっているとリアルでリセットできないことに直面して背筋が凍ることもないわけではないけれども…2021/05/24

閲覧室

3
夜の遊園地。凶悪な着ぐるみ隊。蘇る記憶の断片。手にした長剣。手錠で繋がった友。カウントダウンは60分。連作短編系なのだろうか。別のキャラにスポットが当たり、舞台を変えての新ゲームが開始される。この方式は新鮮さが保たれて良いですね。駒が出揃うのが楽しみだ。▼科学を排した空間での存在証明の難しさ。人間を生きたまま抹消する事など、ほんの少しの悪意さえあれば結構簡単に実現出来てしまうのかも知れない。2011/02/08

浅葉

3
★★★☆☆ di[e]ceって人間を用いたチェスゲームのようだな。1巻に引き続き主人公輝月にどうも好感抱けない。大事な人間以外を殺しても殺されても無感動なのは、豪胆通り越して気味悪いの一語。友人や深く付き合った人間への情の深さとあわせても相殺不可能。そんな輝月にあっさり心酔する七緒十にもドン引きだしね。多分続き読んでも感想書かないと思う。2010/05/15

まる*

3
輝月と陽輝が突然放り込まれた残酷な現実、二人の未来はどうなるんだろう?色々なバージョンの舞台が用意されている模様。…長期化?2009/01/11

あやめ

2
鉄仮面さんのターン。番外編楽しかったです。2013/09/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/574170

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。