新潮文庫<br> ビート―警視庁強行犯係・樋口顕―

個数:1
紙書籍版価格
¥935
  • 電子書籍
  • Reader

新潮文庫
ビート―警視庁強行犯係・樋口顕―

  • 著者名:今野敏【著】
  • 価格 ¥869(本体¥790)
  • 新潮社(2015/01発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784101321547

ファイル: /

内容説明

警視庁捜査二課・島崎洋平は震えていた。自分と長男を脅していた銀行員の富岡を殺したのは、次男の英次ではないか、という疑惑を抱いたからだ。ダンスに熱中し、家族と折り合いの悪い息子ではあったが、富岡と接触していたのは事実だ。捜査本部で共にこの事件を追っていた樋口顕は、やがて島崎の覗く深淵に気付く。捜査官と家庭人の狭間で苦悩する男たちを描いた、本格警察小説。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

140
シリーズ3作目。これもまた、作者のメッセージ性の強い作品でした。少なくとも犯人探しのドラマではない。シリーズここまで全体に流れる家族のあり方、今回は特に父と息子の関係に焦点が当てられていた。タイトルは、今野さん自身がのめり込んだ、というダンスから。私だってダンスは嫌いではないが、それを読まされるのは少々苦痛でした。シリーズ続いたけど、間を空けたほうがよかったかな。主人公樋口の地味なキャラも、好き嫌い別れるところです。シリーズ中では最初に読んだ『朱夏』が、個人的なベスト。2015/03/25

再び読書

120
強行犯係・樋口顕シリーズも三作目で面白くなってきました。最初にドラマヲを見て英次が犯人でないのは知っていましたが、幸い犯人を忘れていたので、最後まで面白く読めました。親子それも親父と息子の葛藤は、本当に一筋縄ではいかない。ダンスにかける英次が眩しく、最後はなぜかうるっときました。特に「隠蔽捜査」シリーズの竜崎と比べると地味ですが、次の作品も読みたくなりました。最後の裁きが印象的でした。 2016/07/14

ehirano1

107
樋口っちゃんは100ページしないと登場しないし、氏家に至っては300ページあたりでやっとご登場で、これはいつもと何か違うと思いながら読み進めました。ダンスを題材というまさかの題材を基に、親子や家族について著者のありったけの思いが詰め込まれた内容で、清々しい読書となりました。2022/02/12

Hitoshi Mita

96
樋口シリーズ3作目。警官も人の親なんだと痛感させられた。まぁ警官としてはあってはならないことなのかもしれないが、人情としては同情させられるところもある。男親と息子の関係。しかも長男が優秀だったりすると次男としてはかなり苦悩することだろう。その苦悩に親が向き合っていられるかと言うところなんだろうが、面倒くさい事からは目を背けたくなるのも人間。、なかなか難しい問題だと思う。島崎は最初で躓いてしまってそこから逃げたことのツケがこんな形で現れてきたんだと思う。ダンスシーンの描写がちょっとクドイけど面白かった。2014/11/19

ノンケ女医長

91
警察官は、どうしても仕事が優先になり、家族との会話は減るらしい。自分の子どもがどこで何をしているのか、どんな友達がいるのか、学校は上手くいっているのか。何を目標に日々頑張っているのか、知る機会もないまま事件捜査に追われるのは、もはや宿命。しかし、ある事件をきっかけに自分の子どもを疑うことになった、刑事部捜査二課の警部補。父から銃口を向けられた、高校生の息子。遺書を残しても、獣が吠えるように泣いても、息子の傷は決して癒えない。今後、何度も父親と衝突を重ねて成長する英次の姿をまた読みたい。2024/06/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/563115
  • ご注意事項
 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす