ちくま文庫<br> 小説東京帝国大学(上)

個数:1
紙書籍版価格 ¥902
  • Kinoppy
  • Reader

ちくま文庫
小説東京帝国大学(上)

  • 著者名:松本清張【著】
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • 筑摩書房(2015/08発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784480424266

ファイル: /

内容説明

「帝国の大学」として数多くの指導者を養成し、日本近代史の原動力となった東京帝国大学は、学問と政治・社会との関わりや、権力と思想の自由の問題にどう対処してきたのだろうか。ムーアヘッド『倫理学』中の「弑逆」の解釈に端を発した「哲学館」事件や、桂太郎内閣の対露外交を批判して国論を二分することになった七博士の“日露開戦論”などを扱い、明治体制の確立を描く。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

てつ

38
なかなか面白い趣きのある小説。下巻へ。2019/02/10

さえきかずひこ

8
明治の後半、1902年に起こった哲学館事件をその学生である工藤ー田舎から上京した無力な秀才ーの視点を中心に、彼がかかわりをもつ元講釈師で社会主義者の奥宮健之、軍部に影響力を行使する呪い師の飯野吉三郎(出口王仁三郎がモデルか)ら怪しげで魅力的な人物を配して描き出すが、本書後半では日露開戦を後押しした東京帝大七博士の意見書にテーマが移る。この国が帝国であった時代の権威主義的な世間のあり方に対して筆者はつねに闊達にペンを進め、読者は令和の現代日本と帝国日本の連続性と断絶について考えをめぐらせることになるだろう。2021/01/13

Shinsuke Mutsukura

0
小説ということで軽い気持ちで読んだのですが、これノンフィクションじゃねーの?って感じです。 まだ上巻なので何とも言えませんが、松本清張らしくドロドロ感が出ていて、何とも言えないものを感じます。2016/08/18

ヤスヲ

0
帝大ができるまでの話と思って読み始めたら、帝大を絡めて見た明治という時代。それもちょうど「坂の上の雲」と重なる時期の話。2010/12/07

check09

0
相当史実に忠実だと思われる。明治時代にこのような言論統制や検閲があったというのには驚く。言論の自由にも無責任な言説という問題がついてくるが、統制があるよりはいい。2010/04/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/489644

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす