創元SF文庫<br> 揺籃の星 〈上〉

個数:1
紙書籍版価格 ¥880
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

創元SF文庫
揺籃の星 〈上〉

  • 著者名:ジェームズ・P.ホーガン/内田昌之
  • 価格 ¥865(本体¥787)
  • 東京創元社(2015/01発売)
  • 近づく夏!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン ~5/22
  • ポイント 175pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784488663230

ファイル: /

内容説明

地球はかつて土星の衛星であった――。こんな大胆な説が出現し、宇宙開発が進む未来、土星の各衛星では、数十年前に地球から移住した人びと、クロニア人たちが理想社会を築いていた。地球を訪問したクロニアの科学者たちは、この星の科学者にとって到底受け入れがたい惑星理論を展開する。太陽系は何十億年も同じ状態を保ってきたのではない。現に今、木星から生まれた小惑星のアテナは突如彗星と化し、地球を襲おうとしているのだと。『衝突する宇宙』で名高い“ヴェリコフスキー理論”を大胆に応用、宇宙の謎に迫るハードSF新シリーズの開幕!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

SINKEN

7
【総評】★★★☆☆【感想】ヴェリコフスキー理論のホーガン流アレンジ版といったところでしょうか。いわゆるトンデモ理論として学会から完全に見放された太陽系の成り立ちについて、ホーガン独自の解釈を加えてハードSFに仕立て上げた作品だと思います。一応3部作として考えられていたようですが、結果次作の『黎明の星』で幕切れとなってしまったようです。自分的にはこの本で初めてヴェリコフスキー理論なるものを知ったので偏見なしでそこそこ楽しめました。ただ、上巻は登場人物の多さや場面切替わりの激しさで少し辟易します。2022/04/26

Quijimna

4
設定とストーリーの壮大さに期待しながら読んでるけど、本当にこれだけの登場人物が必要なのかな〜。★★☆☆☆2015/08/17

LongRide Taka

1
やや小ネタ的なテーマ。主人公もなんかセレブ。大好きホーガンで上下巻買ったけどね。中断です!

Tatsuo Eguchi

1
生まれて初めて読んだ文庫本は、エドモントハミルトンという作家のスペースオペラもの。その後、クラークなどを読み漁り、高校生の頃にたどりついたホーガン。ハマりまくっていた。当時本になっていたものは全て読み、その後すっかり忘れていた。ところが先日、コンビニで「星を継ぐもの」のマンガを発見。マンガになっていたことも驚きだった。気になり、調べてみると、その後にたくさん執筆していることがわかり、取り急ぎ読んだのが本書。ホーガンらしいハードさはそのまま、説明臭さもそのまま。あまりに懐かしくて、いつものコメントができなか2015/10/12

少穆

1
 うーん。星を継ぐもののほうが面白いかな。2015/10/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/521647

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす