PHP新書<br> ストレス知らずの対話術―マッピング・コミュニケーション入門 - マッピング・コミュニケーション入門

個数:1
紙書籍版価格 ¥792
  • Kinoppy
  • Reader

PHP新書
ストレス知らずの対話術―マッピング・コミュニケーション入門 - マッピング・コミュニケーション入門

  • 著者名:斎藤孝
  • 価格 ¥679(本体¥618)
  • PHP研究所(2003/05発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784569628295
  • NDC分類:361.45

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

「伝わらない」「反応がない」…コミュニケーションの不調和は、エネルギーの悪循環を生み、多大なストレスを引き起こす。
こうした対話上のストレスは、対話力の向上によってしか解消できない。
本書ではその上達技法として、マッピング・コミュニケーションとこれを支える「三つの力」(ポジショニング力、メモ力、引用力)を提案。
文脈をはずさず、お互いの脳ミソを混ぜ合わせるように双方の経験を絡めて対話する「技」を伝授する。
初対面、世代差のある人との会話、会議…どんな状況でも通用し、誰もが習得可能な対話術。
コミュニケーション力を養う独自の手法を紹介。

対人関係こそ最大のストレス原因。その解消法として、対話力を鍛える<三つの力>(ポジショニング力、メモ力、引用力)とマッピングを紹介。

「伝わらない」「反応がない」「話す機会を与えてもらえない」……コミュニケーションの不調和は、エネルギーの悪循環を生み、多大なストレスを引き起こす。対話上のストレスは、対話力の向上によってしか解消できない!

▼本書ではマッピングとこれを支える<三つの力>(ポジショニング力、メモ力、引用力)を提案。お互いの脳ミソを混ぜ合わせるように文脈を外さずお互いの経験を絡めて対話する<技>を伝授する。

▼(目次)
[序]対話上手はストレス知らず 
[1]コミュニケーションにおけるストレス――なぜ人といるとストレスがたまるのか 
[2]マッピングで対話上手になる 
[3]快感を感じるコミュニケーション――暗黙知を共有すればするほどストレスは減る 
[4]コミュニケーションを鍛える<三つの力> 
[5]マッピング・コミュニケーションを応用する

▼初対面、世代差のある人との会話、会議、企画書作り、悩み相談、読書感想……様々な場面で応用が利き、誰もが習得可能な対話術。

●序章 対話上手はストレス知らず 
●第1章 コミュニケーションにおけるストレス 
●第2章 マッピングで対話上手になる 
●第3章 快感を感じるコミュニケーション 
●第4章 コミュニケーションを鍛える<三つの力> 
●第5章 マッピング・コミュニケーションを応用する

目次

序章 対話上手はストレス知らず
第1章 コミュニケーションにおけるストレス―なぜ人といるとストレスがたまるのか
第2章 マッピングで対話上手になる
第3章 快感を感じるコミュニケーション―暗黙知を共有すればするほどストレスは減る
第4章 コミュニケーションを鍛える「三つの力」
第5章 マッピング・コミュニケーションを応用する

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

すやすや

26
話の腰を折らずに、引用を用いて相手の話を聞いていることをアピールする方法はよくやろうと努力している。ただのおしゃべり好きとコミュニケーション能力が高いということは別物だとわかっているけど、いざ相手の言葉をしっかりと聞こうとするのは、なかなか難しいものですね。 話し相手が実はよくわかってないこともあるし。2016/08/05

ぱお

25
空中に漂う言葉で考えるより、文字にして書いて考える方が、スッキリするし、問題解決的で生産的。いいことありそうなので、マッピングしてみたいです。2015/02/17

コージー

23
★★☆☆☆ 対話力、コミュニケーション力を高め、「ストレス知らず」になることを第一の目的とした本。それを実現するものとして、齋藤孝さんが開発し二十年来実践してきた、『マッピング・コミュニケーション』を紹介している。3色ボールペンを使うところは齋藤さんの他の書籍でも多く紹介されていますし、このテクニックに特に目新しさは感じられなかった。齋藤さん独自の物事を掘り下げて新しい発想に導くところは素晴らしいが、この本の内容に関しては、他の本の寄せ集め的な感じは正直します。2020/02/24

カッパ

18
斎藤先生の新たなわざなのか?紙に起こしながら話をするのは相互作用をうむ。引用も簡単にできるしメモを取る力もあがると思う。本はある意味では著者との対話なので自分に引きつけながら思ったことをメモしながら読んでみると良さそうだ。頭の整理も結局はこれが効果的そう。現在、取り組み中2018/07/10

12
リミテッドにて ●ストレスの原因はコミニケーション不足、不全 ●いい対話→いいアイディア ●人が話しているときに話題を変えるのは反則行為。やるなら徐々に ●会話は具体的に自分の経験の中から出てきた実感のある言葉を使うべき ●マッピングとは造語で脳の中にある言葉を紙に定着させる技術 ●それまでの対話を蓄積して話すべき ●赤はすごい大事、青はまあまあ大事、緑は主観的に面白い ●ちょっと書き留めて眺めるだけでも効果 ●優先順位は社会を生き抜くうえで最も重要 ▷話をいきなり変える人結構いるよね2019/10/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/479791

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。