近代麻雀コミックス<br> バードー砂漠の勝負師- 2

個数:1
紙書籍版価格
¥618
  • 電子書籍
  • Reader

近代麻雀コミックス
バードー砂漠の勝負師- 2

  • 著者名:青山広美【著】
  • 価格 ¥618(本体¥562)
  • 竹書房(2013/12発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784812454572

ファイル: /

内容説明

ラスベガスの天才麻雀師・バードVS無敗の裏ワザ師「蛇」、箱根湖畔に設けられた勝負の場でバードが目にしたものは「蛇」の裏ワザ「自動卓天和」だった! バードはその「神の指」操り、勝利することができるか!? 磨き抜かれたプロの技が、卓上で火花を散らす、圧巻のイリュージョン・マージャン・バトルここに完結!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

烟々羅

3
年季の入った麻雀と麻雀漫画ファンなので、無論に連載当時も読んでいた。ギャグ漫画家の青山パセリから青山広美の名前になったのが前作「トーキョー・ゲーム」の途中で、本作のあと少年チャンピオンでギャンブル全般を扱うお色気漫画の原作を始め、いま同じ作画さんとコンビのリメイク版でこの二巻までの部分も終わり続編を連載中、と。懐かしかった。リメイクを読みながら比較したかったのが満たされた。たった二巻の濃密な話だったのだね。2012/04/20

コリエル

2
完結。狂気を圧倒するマジシャンの演出という妙味があって面白い。やはり麻雀漫画は敵役が魅力的だと栄える。2022/08/02

ajitako

1
インタビューを読んでからの再読……ってこれまじでアドリブなのかよ……信じられん2023/11/07

あねさ~act3 毎年どれだけ積読を減らせるかが勝負😂

1
古本170円。購入。 ≪蛇≫のオッサンがどうなったか、メチャ気になる😅2019/12/03

KUU

0
最後まで面白い勝負だった。キチガイで暴力的だが、凡人が狂気の果てに身につけた個性《オリジナル》で天才と渡り合う様はいい悪役してた。ラストもまぁ、このキャラならこうするよねでそこまで小物化は感じないし。――まぁ、落雷消失はナゾですが。一瞬トーキョーゲームの世界にでも飛ぶのかと身構えたよ(笑)  2巻完結で濃密で勢い保って駆け抜けた良作。 唯一難点とすると、ヒロインの顔は萌えないことくらいか……(つまりたいしたことじゃない)2015/05/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10600
  • ご注意事項
 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす