小学館文庫<br> 市場の朝ごはん(小学館文庫)

個数:1
紙書籍版価格 ¥502
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

小学館文庫
市場の朝ごはん(小学館文庫)

  • 著者名:村松友視【著】
  • 価格 ¥495(本体¥450)
  • 小学館(2014/06発売)
  • 山の日の3連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/10)
  • ポイント 100pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

小樽の三角市場の毛ガニ、青森の迷路市場のジャッパ汁、滑川漁港のほたるいか、八幡浜の鯛めし、那覇のゆしどうふ……と、生つばを飲みこむような日本の市場巡り。旅の達人、村上友視に案内されて北から南へ旅を愉しむうちに、市場に生きる人たちの人生の断面が鮮やかに浮かびあがってくる。エネルギーに満ちた市場が寂しくなるのを惜しみつつ、そこに働く人々を見つめる村松さんのまなざしは、時にやさしく、時に淡いユーモアをにじませる。おとなの味を求める新しい食紀行文集。

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

目次

1章 百万石の釜炊きごはん(金沢近江町市場)
2章 関門海峡冬景色(下関唐戸市場)
3章 小樽よ今度も有難う(小樽鱗友市場・三角市場)
4章 日本海の寒風に晒されるの巻(新潟本町市場)
5章 迷路市場で味わうジャッパ汁(青森駅前市場)
6章 哀切のほたるいか幻想(富山県滑川漁港)
7章 三陸の贅、橋の上の焼きウニ塩ウニ(釜石橋上市場)
8章 尾道にさぐる“おいなりさん”の謎(尾道三品総合市場)
9章 白イカと妖しい幻想を求めて(境港市場)
10章 守礼の国の名物「ゆしどうふ」(那覇・牧志公設市場)
11章 鯛めしのスタイルを満喫する旅(八幡浜魚市場)
あとがきのような終章