光文社文庫<br> 素浪人宮本武蔵 〈4〉 - 長編時代小説

個数:1
紙書籍版価格 ¥565
  • Kinoppy
  • Reader

光文社文庫
素浪人宮本武蔵 〈4〉 - 長編時代小説

  • 著者名:峰隆一郎
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 光文社(2015/02発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

宮本武蔵は三人いた。各々一流の武芸者だった。その一人は年老いて名前を譲ってくれた人。もう一人が気にかかる。その武蔵が京の吉岡兵法所の総帥に挑戦状を突きつけた。引き分けた。だが、門人たちに叩き殺される。元・弁之助の武蔵は激怒した。京の一乗寺下り松にて遺恨試合となる。一人対二百人。武蔵は考えた。右手に刀、左手に鎧通しを持ち、先に叢で敵を待った。