表現者クライテリオン (2018年9月号)

個数:

表現者クライテリオン (2018年9月号)

  • ご利用前にこちらをお読みください。
  • 価格 ¥1,337(本体¥1,238)
  • 啓文社(2018/08/16発売)
  • ポイント 12pt
  • 提携先に22冊在庫がございます。(2018年09月26日 09時55分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • 刊行 隔月刊誌
  • A5
  • 商品コード 4910074050985

基本説明

ポピュリズム肯定論|

詳細説明

[特集]
●ポピュリズム肯定論
  「トランプ・英EU離脱」現象とは何だったのか
 ◇座談会 庶民からの反逆 市場から社会を防衛するのは誰か
  ・小浜逸郎(評論家・国士舘大学客員教授)
  ・藤井聡(京都大学大学院教授)
  ・柴山桂太(京都大学大学院准教授)
  ・浜崎洋介(文芸批評家)

 ◇ポピュリズムの原点と変質 今求められる原点回帰/薬師院仁志
 ◇自由民主主義諸国の危機への警鐘 「ポピュリズム」を真摯に捉えよ/施光恒
 ◇グローバリズムに掻き消された「国民」の声/黒宮一太
 ◇稗史小説と知識人/呉智英
 ◇リベラル・デモクラシーのディレンマとポピュリズム?
   ポピュリズムに寄生される保守/藤本龍児
 ◇庶民とエリートを隔てる「文化の壁」/川端祐一郎
 ◇ポピュリズム・オブ・ザ・デッド/佐藤健志(一言一会)

[連載座談会]
◆対米従属文学論 第2回
 ・テーマ:「戦後的日常」への頽落??「第三の新人」をめぐって
 ・批評作品:小島信夫『アメリカンスクール』、安岡章太郎『ガラスの靴』

…ほか

 

同じシリーズの商品一覧

全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす