表現者クライテリオン (2020年1月号)

個数:

表現者クライテリオン (2020年1月号)

  • ご利用前にこちらをお読みください。
  • 価格 ¥1,361(本体¥1,238)
  • 啓文社(2019/12/16発売)
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年01月23日 18時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • 刊行 隔月刊誌
  • A5
  • 商品コード 4910074050107

基本説明

安倍外交”真”総括|

詳細説明

【特集】
●引き籠もるアメリカ、すがり付く日本
  安倍外交“真”総括

 ◇特集対談
  臆病者の国、日本は、世界から侮蔑される
   伊藤貫(国際政治・金融アナリスト)
   藤井聡(表現者クライテリオン編集長、京都大学大学院教授)
 ◇東アジアの「戦争」は始まっている/柴山桂太
 ◇戦後的な、あまりに戦後的な―「陰気な愉しみ」の腐臭/浜崎洋介
 ◇同盟のジレンマの中で―自律性の回復を国民に強く訴えよ/上島嘉郎
 ◇トランプ現象は終わらない/会田弘継
 ◇不義の子として生きて/磯邉精僊


【連載座談会】
◆対米従属文学論(★最終回)
 「ポスト・モダン」の頽落を超えて
   高橋源一郎『さようなら、ギャングたち』
   島田雅彦『優しいサヨクのための喜遊曲』
◆「思想の転換点――平成から令和へ」
  リアルポリティクス
   小沢一郎・宮崎哲弥・藤井 聡


《新連載》
◆フランス保守はマクロン政権、EUにどう向き合うのか
  ブルーノ=メグレ・元共和国運動党首(インタビュー)
◆「アベノミクスの失敗」
   デフレ脱却の意図の「不在」をあからさまにした消費増税/藤井 聡


…ほか

 

同じシリーズの商品一覧

全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす