食育のためのおもしろ栄養学―中高年のための知恵袋 (改訂版)

個数:

食育のためのおもしろ栄養学―中高年のための知恵袋 (改訂版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 新書判/ページ数 142p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784944068685
  • NDC分類 498.58
  • Cコード C3047

内容説明

個食・飽食の時代に、栄養のバランスや健康を気遣って、多種多様な食品の中から、食物を選ぶ能力を育てます。好ましい食生活の基本となる味覚形成や食べ方を幼児期から学んでいきます。食べ物を与えてくれる自然への感謝の心、豊かな食生活の楽しみを覚えていきます。

目次

いま「食物繊維」の効果に注目
青い魚のEPA及びマグロの眼窩のDHAの驚くべき効用
ビタミンC(アスコルビン酸)の多様な作用
ビタミンDの生成とその多様な作用
ビタミンE(トコフェロール)の多様な作用
ストレスに強くなるための栄養
乳児期にしてあげる大切なこと
成長期の栄養は一生を左右
無機質の適量の摂取が大切
老年期の栄養に気を付け長寿に
有害な腸内細菌の増殖を抑制するために
肥満の原因とその予防法
便秘による乳癌の誘発とその予防
脂肪肝および高脂血症の食事療法と運動療法
純日本食は欧米人の理想食
緑茶成分の驚くべき効用
野菜・果物の摂取量が多いほど癌の発生率が低い

著者等紹介

樋廻博重[ヒバサミヒロシゲ]
緑茶がガンの予防に効果を発揮するという研究が相次いで発表されるなか、とくに「緑茶カテキン」が胃ガン細胞のDNAを断片化し、破壊する働きがあることを発見。1943年生まれ。三重大学医療技術短期大学部教授を経て、三重大学医学部教授。医学博士。三十数年にわたる栄養・生化学の研究を生かし、生活習慣病の予防法の普及、実践に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。