列島の歴史を語る

個数:

列島の歴史を語る

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 322p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784938965761
  • NDC分類 210.04
  • Cコード C0021

目次

第1章 日本史の転換点としての中世―東国と西国(内藤湖南の発言をめぐって;若狭の漁村にみる日本の中世像 ほか)
第2章 『無縁の原理』と現代―『日本中世の民衆像』と『無縁・公界・楽』を読んで(質疑応答 私にとっての戦時期と戦後十年;ワク組の中での思考 ほか)
第3章 新たな視点から描く日本社会の歴史(日本人とインディオの共通点;「農民」と「非農業民」 ほか)
第4章 日本人・日本国をめぐって―中世国家成立期の諸問題(「日本民族」とは;「日本論」再検討の必要性 ほか)
第5章 時宗と一遍聖絵をめぐって(「一遍聖絵」の時代背景;都市的な場の出現と市庭 ほか)

著者等紹介

網野善彦[アミノヨシヒコ]
1928~2004。歴史家(日本中世史専攻)。山梨県出身。東京大学文学部史学科卒。名古屋大学助教授、神奈川大学短期大学教授、同大学特任教授などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。