イブン・バットゥータと境域への旅―『大旅行記』をめぐる新研究

個数:

イブン・バットゥータと境域への旅―『大旅行記』をめぐる新研究

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月25日 07時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 391,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815808617
  • NDC分類 292.09
  • Cコード C3022

内容説明

中国、インド、北方ユーラシア、アフリカなど、イスラーム世界の海・陸の「境域」情報を伝える『大旅行記』は、まさに記録史料の宝庫と呼ぶにふさわしい。完訳を成し遂げた碩学による新たな到達点。

目次

第1部 イブン・バットゥータ研究のために(イブン・バットゥータの生涯とその時代;『大旅行記』の構成と諸写本;『大旅行記』の研究と真偽性;紀行文学としてのメッカ巡礼記)
第2部 海の境域への旅―イブン・バットゥータの見たインド洋海域世界(インド洋海域世界の隆盛と中国船;マラッカ海峡の港市国家スムトラ・パサイ王国;イブン・バットゥータのマルディヴ諸島訪問;東アフリカ・スワヒリ世界の形成とクルワー王国;アラビア海を結ぶ人の移動と交流)
第3部 陸の境域への旅―ユーラシアとサハラ・スーダーン(アナトリア世界のトルコ・イスラーム化;境域としてのドナウ・デルタとバーバー・サルトゥーク伝承;ブルガール旅行はフィクションか;中央アジアとインドを結ぶヒンドゥー・クシュ越え交通ルート;サハラ砂漠を越えてのイスラーム・ネットワーク拡大)

著者等紹介

家島彦一[ヤジマヒコイチ]
1939年東京に生まれる。1966年慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程中退。東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授、早稲田大学教育学研究科特任教授などを経て、東京外国語大学名誉教授、文学博士(慶應義塾大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

BLACK無糖好き

15
14世紀前半のイスラーム世界のほぼ全域を遍歴したイブン・バットゥータの『大旅行記』の邦訳を手がけた著者による、同書に関する解説や今後の研究課題などの著述。並行して13·14世紀のイスラーム世界の変遷、交易ネットワークなども論じている。テーマの広大さと同時に、研究の奥深さにも圧倒された。◆『アルカイダから古文書を守った図書館員』の舞台、マリ共和国トンブクトゥが16世紀以降、学術・文化センターとして重要な役割を果たすが、この地域に多種多様な人々が集まり文化活動の中心地となる様子も本書からうかがえる。2018/07/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11482097

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。