戦争を論ずる―正戦のモラル・リアリティ

個数:

戦争を論ずる―正戦のモラル・リアリティ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 297,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784938662820
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C0031

内容説明

やむにやまれぬ、正当化される戦争(正戦)はありうる。ただしそれは、戦争すること自体、戦争行為、さらには戦争後を含むあらゆる側面から常に、道徳的批判に堪えうるかどうかを厳しく検証されなければならない。

目次

第1部 理論(正戦論の勝利(およびその成功の危険性)(二〇〇二年)
二種類の軍事責任(一九八〇年)
緊急事態の倫理(一九八八年) ほか)
第2部 ケース(湾岸戦争の正義と不正義(一九九二年)
コソヴォ(一九九九年)
インティファーダとグリーンライン(一九八八年) ほか)
第3部 未来(世界を統治する(二〇〇〇年))

著者等紹介

駒村圭吾[コマムラケイゴ]
1960年生まれ。現在、慶應義塾大学法学部・同大学院法務研究科教授。法学博士。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学

鈴木正彦[スズキマサヒコ]
1976年生まれ。現在、慶應義塾大学法学部・鎌倉女子大学非常勤講師。博士(法学)。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程修了

松元雅和[マツモトマサカズ]
1978年生まれ。現在、慶應義塾大学先導研究センター特別研究講師。博士(法学)。慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Ecriture

7
イラク反戦にあたってベンスラマ、トッド、クルバージュ、ロダンソン、大澤真幸系の論調ではダメなのだということは十分論じられている。イラク戦争が不正であるにも関わらず反戦デモに加わる気のないウォルツァーの複雑な立場がよくわかる一冊。「戦争は最終手段ではない」というフランスへの当てつけは説得力があって一読の価値がある。が、「やっちゃったんだから仕方ないじゃん」という開き直りのもとに成り立つ議論が多く、予防戦争がどういう基準で行われるのかという議論にもムラがある。ポモ左派の筆頭がフィッシュなのも手を抜いている。2011/01/22

メルセ・ひすい

0
10. 18  基本的なスタンスがアウグスティヌスの正戦論⇒基督教絶対平和主義者の徹底的な拒絶を基督教戦士の能動的聖戦に取って替えた。パクス・ロマーナのための戦い。現代の正戦論者として知られるマイケル・ウォルツァーが1980年から2003年のあいだに執筆した、戦争に関連する諸論文を翻訳。巻末には訳者解題も収録。 2008/07/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/22762

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。