巨人の箱庭―平壌ワンダーランド

個数:
  • ポイントキャンペーン

巨人の箱庭―平壌ワンダーランド

  • 荒巻 正行【著】
  • 価格 ¥2,700(本体¥2,500)
  • 駒草出版(2018/09発売)
  • シルバーウィーク秋の全店ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 50pt
  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2018年09月23日 11時24分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 272p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784909646057
  • NDC分類 518.8
  • Cコード C0025

内容説明

現代文明の秘境平壌の都市構造と建築。建築・都市・少女・デザイン・絵画・ポスター…北朝鮮のビジュアルイメージと都市論から見る、人類最後のガラパゴス都市、真実の姿。撮りおろし写真、貴重図版を多数収録!

目次

導入 平壌秘境論
序論 巨人の系譜論
本論 箱庭の平壌論
写真 平壌の芸術
人物 平壌の少女
まとめ ピョンヤン・フィクション論

著者等紹介

荒巻正行[アラマキマサユキ]
東アジア学研究者・記録写真家。1968年生まれ、大阪府出身。米国・メリーランド大学カレッジパーク校人文学部東アジア研究学科卒。中国・首都経済貿易大学大学院留学。早稲田大学大学院修了、修士(国際関係論)。北京を拠点に研究活動を行い、1997年より20年にわたり映像記録による北朝鮮での現地調査を続けている。また、チベット・北朝鮮をテーマにした報道ドキュメント作品を多数制作し、日本テレビ、TBS、NHKなどで放映されている。2007年からは平壌の女子高生によるロック・プロジェクトを主宰している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。