乱流のシミュレーション―LESによる数値計算と可視化

個数:

乱流のシミュレーション―LESによる数値計算と可視化

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月07日 16時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 216p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784627673311
  • NDC分類 423.84
  • Cコード C3053

内容説明

LESでスパコンなしでも乱流計算ができる!小スケールの影響を織り込んで大スケールの乱流計算ができる、まさに、乱流解析に携わる科学者・エンジニアの必読の書。LESの適用例として、乱流による抵抗低減、スペースシャトルの流れ、熱交換、大気科学など多数の研究実例を掲載。

目次

1 LESへの招待
2 渦力学
3 物理空間におけるLESの定式化
4 等方性乱流に対するフーリエ空間でのLES
5 非一様乱流に対するスペクトルLES
6 LESの新たな発展
7 圧縮性乱流のLES
8 地球流体力学

著者等紹介

Lesieur,Marcel[LESIEUR,MARCEL][Lesieur,Marcel]
グルノーブル(Grenoble)乱流モデル化シミュレーショングループの中心メンバー。LESに必要なサブグリッドモデルの開発や、研究や応用でのLES手法の実行において、たいへん活発に研究を行っている。さらに、初期のフーリエ空間におけるサブグリッドスケールのクロージャーモデルに大きな貢献をした。このアイデアに基づき、物理空間における構造関数モデルの開発を行い、大きな関心を集めて応用された。最近は、圧縮性乱流の乱流モデルの開発・研究を行っている

M´etais,Olivier[METAIS,OLIVIER][M´etais,Olivier]
グルノーブル(Grenoble)乱流モデル化シミュレーショングループの中心メンバー。LESに必要なサブグリッドモデルの開発や、研究や応用でのLES手法の実行において、たいへん活発に研究を行っている。さらに、初期のフーリエ空間におけるサブグリッドスケールのクロージャーモデルに大きな貢献をした。このアイデアに基づき、物理空間における構造関数モデルの開発を行い、大きな関心を集めて応用された。最近は、圧縮性乱流の乱流モデルの開発・研究を行っている

Comte,Pierre[COMTE,PIERRE][Comte,Pierre]
グルノーブル(Grenoble)乱流モデル化シミュレーショングループの中心メンバー。LESに必要なサブグリッドモデルの開発や、研究や応用でのLES手法の実行において、たいへん活発に研究を行っている。さらに、初期のフーリエ空間におけるサブグリッドスケールのクロージャーモデルに大きな貢献をした。このアイデアに基づき、物理空間における構造関数モデルの開発を行い、大きな関心を集めて応用された。最近は、圧縮性乱流の乱流モデルの開発・研究を行っている

柳瀬眞一郎[ヤナセシンイチロウ]
1975年京都大学理学部卒業。1980年京都大学大学院理学研究科博士後期課程修了。1980年岡山大学工学部助手。1982年岡山大学工学部講師。1989年岡山大学工学部助教授。1998年岡山大学工学部教授。2005年岡山大学大学院自然科学研究科教授(理学博士)

百武徹[ヒャクタケトオル]
1996年九州大学工学部航空工学科卒業。2001年九州大学大学院工学研究科博士後期課程修了。2001年岡山大学工学部助手。2009年岡山大学大学院自然科学研究科准教授。2009年横浜国立大学大学院工学研究院准教授(博士(工学))(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。