数学の贈り物

個数:

数学の贈り物

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2022年01月24日 14時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 160p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784909394194
  • NDC分類 410.4
  • Cコード C0095

内容説明

独立研究者として、子の親として、一人の人間としてひとつの生命体が渾身で放った、清冽なる19篇。著者初の随筆集。

目次

―偶然の贈り物
1(捨身;風鈴 ほか)
2(君が動くたび;意味 ほか)
3(変身;いまいる場所で ほか)
4(パリ;母語 ほか)

著者等紹介

森田真生[モリタマサオ]
1985年、東京都生まれ。独立研究者。東京大学理学部数学科を卒業後、独立。現在は京都に拠点を構え、在野で研究活動を続ける傍ら、国内外で「数学の演奏会」や「数学ブックトーク」など、ライブ活動を行っている。著書に『数学する身体』(新潮社、第15回小林秀雄賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

どんぐり

77
数学が好きか嫌いかでいえば、嫌いである。義務教育段階でお手上げ状態に入り、苦手科目であった。数学についていけなくなった人に、森田は、こんなことを言っている。「自分が数学についていけなくなったのではなく、むしろ、意味が数学についていけなくなったと考えてはどうか。自分が数学に置いていかれたのではなく、自分が数学ととともに意味を後ろに置いてきたのだ」と。この本を読むと、少しは数学アレルギーが解消されるかもしれない。2021/05/10

けんとまん1007

53
どう表現すればいいのだろうかと考える。思考の漢方薬かな。ゆっくりと、深く、静かな思考が広がる。こんな風に、物事を考えてみたい。この中で、二つが特に、心に響く。ひとつ目は、教育義務。本を読むことや、それを展開することがあるので、少しはできているかも。ふたつ目は、戸惑いはパニックより謙虚であるという言葉。これには、唸ってしまった。戸惑いながらも、諦めずに考え続ける。素晴らしい言葉の出会いに感謝。2021/10/14

モリー

49
独自研究者として数学の魅力を伝える活動を行っている著者が、人生や社会、教育など様々なテーマについて、ソクラテスやプラトン、はたまた孟子にライプニッツ、「サピエンス全史」の著者ハラリら古今東西の哲人達の言葉を織り交ぜながら、日常生活の中から掴み取った哲学的断想集と言ってもよいのではないでしょうか。どのエッセイも数学のエッセンスを含んでおり、抽象的に考えることの楽しさに目覚めさせてくれました。強いて一つのエッセイを選ぶなら『パリ』。今年の私のテーマである“対話”について書かれています。私の考えも深まりました。2019/05/04

Y2K☮

36
著者は数学の独立研究者。数学から得た考え方を人生の様々な場面に応用する、或いは反対に諸々の局面で学んだ事を数学へフィードバックして理解を深める。そんなエッセイ。好きな事だけをして生きていくのは難しい。でも誰かの決めた均質的な人生設計に従うのをやめ、他人の目を気にせずやりたい事に没頭できる時間を日々確保するだけで大分違う。身軽に生きたければ自分で選んでいいんだ。キーワードは「いまここ」。今この瞬間(まさにPresent=贈り物)への感謝。それをできる己でありたいから戸惑いつつ考え続ける。定めなく揺れながら。2020/05/26

trazom

35
世評の高かった前作「数学する身体」の時も、どうも感情移入できずにいたが、そもそも、私は、この人の文体が肌に合わないのかもしれない。この本でも、フランシスコ・ヴァレラ、ユークリッド、デカルト、道元、芭蕉、荘子などの「言葉」が題材にされるが、原典の意味以上の深みに達せず、腑に落ちた感じがしない。負の数同士の掛け算に関する論考も、記号のルールが先で、意味は後からつくという著者の説明より、若い頃に読んだ遠山啓先生の説明の方が、よほど説得力があると思えてしまう。森田真生さんの真価が、私には理解できていないのだろう。2019/06/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13599330

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。