• ポイントキャンペーン

明治零年―サムライたちの天命

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 46判/ページ数 284p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784908110108
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

慶応4年(1868)3月。倒幕を成功させた西郷吉之助は「佐幕」の旗を降ろさぬ奥羽越列藩同盟平定のため、北陸道に官軍を派遣した。しかも前田藩に「独立割拠」の噂があるという。徹底的な武力鎮圧を考えていた参謀・山県狂介だが、西郷に「戦いを避けよ」と命じられ、さらに桂小五郎の指示で謎の老人が同行することとなった。一行は不穏な空気に包まれた百万石の城下町・金沢に乗り込んだ…。

著者等紹介

加納則章[カノウノリアキ]
1962年富山県高岡市生まれ。東京大学教育学部卒。週刊誌と単行本の編集者を経てフリーライターとして独立。医学、健康を中心に、歴史、企業経営からサブカルチャーにいたる幅広いジャンルで、単行本や雑誌企画の構成および執筆を行ってきた。『明治零年―サムライたちの天命』が作家としてのデビュー作である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。