不抜の剣

個数:

不抜の剣

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年11月21日 09時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 328p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784908110047
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

越中の農民の子でありながら侍を志し、単身、江戸に出て、あらゆる武術と和漢の学問を修めた斎藤弥九郎は、剣術道場・練兵館を開き、文武両道の精神で桂小五郎をはじめ、多くの維新回天の逸材を育てた。いっぽう、盟友・江川太郎左衛門を補佐し、欧米列強の脅威の前に無策な幕府を叱咤しながら、江戸の海防政策の現場で闘った男でもあった。幕末維新という「激動」を、静かに、強力に、陰で支え続けた真のサムライの姿がここにある。幕末三大道場の一・練兵館創設者斎藤弥九郎の鮮烈な生涯を描く長編歴史小説。

著者紹介

植松三十里[ウエマツミドリ]
静岡市出身。昭和52年、東京女子大学史学科卒業。出版社勤務、7年間の在米生活、建築都市デザイン事務所勤務などを経て、平成15年に『桑港(サンフランシスコ)にて』で歴史文学賞、21年に『群青 日本海軍の礎を築いた男』で第28回新田次郎文学賞、『彫残二人』(文庫化時に『命の版木』に改題)で第15回中山義秀文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)