河出文庫<br> 世界の歴史〈17〉アメリカ大陸の明暗

電子版価格 ¥880
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
世界の歴史〈17〉アメリカ大陸の明暗

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 403,/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784309471761
  • NDC分類 209
  • Cコード C0122

内容説明

巨視的な南北アメリカ全史。インディオの収奪と駆逐で築かれた永遠の繁栄の神話、その実体を冷徹な史眼で描く。

目次

新大陸の明暗
新世界との邂逅
植民競争の時代
ラテン・アメリカの植民地時代
アングロ・アメリカの植民地時代
立ちあがるアングロ・アメリカ
独立戦争
合衆国の膨脹
革命の英雄たち
ラテン・アメリカの苦悩
カナダの試練
南北戦争
奴隷解放と再建
アメリカ資本主義の内幕
南下する北方の巨人

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

D

6
モンロー宣言に注目。フランス革命によりフランスとの蜜月関係が終わり、ロシアやイギリスに備えなければいけなくなっためのこの宣言。アメリカは外交において影響力は強いが、実際の交渉などはあまりうまくない。この時代からの伝統かもしれない。2013/08/27

がんぞ

4
CivilWar南北戦争は第一次世界大戦までは人類最大の戦争で、北部の《統一》と南部連合の《独立(13州宣言に習う)》という共に大義の衝突であった。勝った北部は南部を植民地化し共和党はFDRまで永続政権となったが、1880年代から“黒人(ほとんど文盲)投票権剥奪運動”が起こったように。ふたつの大義、《正義》と《秩序》は共和・民主二大党で入れ替わった‥/『‥明暗』とは合衆国、カナダの伸長と、ラテン圏の中南米の政治的混乱のみならず、成功したUS国内でも貧富の差の拡大(黒人票を恣意運用‥)、先住民族の抹殺など‥2016/08/31

フェイ

3
コロンブス来航から第一次世界大戦終了頃までの南北アメリカ史。 紙幅に比べて扱う範囲が広すぎるため、スピードが凄まじい。 移住を前提とした北アメリカ植民地、冒険者として稼いだ後に本国での成功を夢見て略奪された南アメリカ植民地。植民地としてのスタートラインが違っていたことから、資源も環境も似ていながら違う運命となってしまった。そして、独立後のアメリカ合衆国は発展して世界最大の大国となり、南北アメリカ大陸全土を己の勢力下におこうと画策する。とはいえ、永遠の繁栄など存在せず、大不況の足音が近づいてくるのだった。2015/03/29

koh21y

0
河出文庫「世界の歴史」17巻。今津晃1990年。 2019/03/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/544315

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。