秘境遠山郷を行く―埋もれた記憶を探しに

個数:

秘境遠山郷を行く―埋もれた記憶を探しに

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 177p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784908004384
  • NDC分類 212.2
  • Cコード C0025

内容説明

本書によって陽の目を見ることになった、「明治25年の宿帳」、戦中戦後の小学校の「当宿直日誌・学級日誌」は貴重な史料。長野県の東南部に位置する遠山郷―「日本のチロル」とも、「隔絶山村」とも呼ばれる。

目次

1 中央構造線の谷
2 遠山様
3 豊かな森林資源
4 明治一四年イギリス人が行く―アーネスト・サトウの旅日記
5 明治二五年の宿帳―四二九の宿泊人情報
6 戦中戦後の当宿直日誌・学校日誌―木沢小学校
7 霜月祭り
8 山肉屋
9 峠の綱引き―兵越峠
10 下栗を行く
11 限界集落

著者等紹介

磯前睦子[イソマエムツコ]
昭和30年(1955)東京生まれ。お茶の水女子大学文教育学部地理学科卒業。月刊『ねこ新聞』をはじめ、雑誌などにエッセーや書評を執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。