ちくま新書<br> カール・マルクス―「資本主義」と闘った社会思想家

個数:
電子版価格 ¥825
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ちくま新書
カール・マルクス―「資本主義」と闘った社会思想家

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年11月27日 09時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 263p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784480068897
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0230

内容説明

マルクスの理論はさまざまな悪罵を投げつけられてきた。だが、カール・マルクスその人の理論は、今なお社会変革の最強の武器であり続けている。本書は最新の文献研究からカール・マルクスの実像に迫り、その思想の核心を明らかにする。これまで知られてこなかった晩期マルクスの経済学批判のアクチュアリティが、今ここに甦る!

目次

第1章 資本主義を問うに至るまで(1818~1848年)―初期マルクスの新しい唯物論(人間カール・マルクスの実像;多感な大学時代;文学から哲学へ ほか)
第2章 資本主義の見方を変える(1848~1867年)―マルクスの経済学批判(『資本論』の見方1―商品の秘密;『資本論』の見方2―貨幣の力の源泉;『資本論』の見方3―資本の力と賃労働という特殊な働き方 ほか)
第3章 資本主義とどう闘うか(1867~1883年)―晩期マルクスの物質代謝の思想(変化したマルクスのヴィジョン;改良闘争への高い評価;アソシエーションとしての共産主義社会 ほか)

著者等紹介

佐々木隆治[ササキリュウジ]
1974年生まれ。立教大学経済学部准教授。一橋大学社会学研究科博士課程修了、博士(社会学)。現在、MEGA(新マルクス・エンゲルス全集)の編集に携わり、『資本論』草稿や抜粋ノートの研究に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

カール・マルクスの理論は、今なお社会変革の最強の武器であり続けている。マルクスの実像に迫ることから、その思想の核心に迫る。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件