いたずらトロルと音楽隊

個数:

いたずらトロルと音楽隊

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月09日 16時21分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/高さ 27cm
  • 商品コード 9784907542580
  • NDC分類 E
  • Cコード C8797

内容説明

あるところに旅まわりの5人組の音楽隊がおりました。あちこちで演奏してまわれば、どこでも大好評。国中で一番の腕前でした。ある夜、森で音楽隊が眠りこけていると、木の上からトロルが現れました。「こんな月夜に音楽があれば」と、5人を起こそうとしたのですが、疲れ切った音楽隊は目を覚ましません。怒ったトロルは、大切な楽器に魔法をかけてしまいました。それ以来、楽器からはおかしな音しか出なくなってしまいました。音楽隊の5人はどうなってしまうのでしょう?

著者等紹介

ローベル,アニタ[ローベル,アニタ] [Lobel,Anita]
1934年ポーランドのクラクフで生まれる。ナチス侵攻により、5歳から逃亡生活を送り、10歳で弟とともに強制収容所に送られたが、生き延びることができた。17歳で、家族とアメリカに移住。プラット・インスティチュートで美術を学び、同大学で出会ったアーノルド・ローベル(絵本作家 1987年没)と結婚した。ニューヨーク在住。1965年に『スヴェンさんの橋』(セーラー出版)で絵本作家としてデビュー

安藤紀子[アンドウノリコ]
英語圏の児童文学作品の翻訳を数多く手がけている。絵本の翻訳も、ジェイムズ・マーシャルの「カバ」や「キツネ」のシリーズ、ユリ・シュルヴィッツの『宝物』(いずれも偕成社)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。