病気にならないための時間医学―「生体時計の神秘」を科学する

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 46判/ページ数 261,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784903908038
  • NDC分類 491.3
  • Cコード C0047

内容説明

すべての生物には時計がある―。ヒトの生体リズムは二五時間―。生活習慣病や癌、骨粗しょう症などの発症を予知し予防しているのも、「生体時計」と時計遺伝子―。「時間医学」(時間の流れを考慮した医学)の第一人者が、「時間とからだ」の関係、生命の神秘について、医者としての使命感と三〇年以上にわたる研究の情熱・感動をこめて書き綴る。病気にならないための智恵がつまった、必読・科学読み物。

目次

時間医学はなぜ必要か―病気にならないために
時間医学とは何か
時間を読む新しい医学
時間医学が教えてくれること
自律神経をコントロールする生体時計
宇宙のリズムと文化のリズム
クロノミクスの威力―生命と環境を解読する
寿命と生体リズムの不思議な関係
未病を識る、平成養生訓

著者紹介

大塚邦明[オオツカクニアキ]
東京女子医科大学東医療センター内科教授。1948年、愛媛県生まれ。1972年、九州大学医学部卒業。九州大学温泉治療学研究所助手、高知医科大学老年病学教室助手を経て、1988年より、東京女子医科大学東医療センター内科教授。医学博士。日本循環器学会認定循環器専門医。時間医学・老年医学が専門。時間医学とフィールド医学の融合を求めている。日本自律神経学会常任理事。日本時間生物学会理事。2000年に日本時間生物学会会長、2006年に日本自律神経学会会長を務め、2007年に時間生物学世界大会を主催する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)