老いを治める―老いをめぐる政策と歴史

個数:

老いを治める―老いをめぐる政策と歴史

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 522p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784903690735
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C0036

内容説明

何がこの国における老いを治めることを可能としてきたのか?高齢者が「少数派の中の多数派」「マイナーの中のメジャー」となっていく歴史的ダイナミズムを跡付ける。

目次

第1部 老いをめぐる政策と歴史(在宅介護福祉労働はいかに担われてきたのか;1980年代以降の高齢者に対する税制改正を伴った医療制度改革の現在;老いをめぐる政策と歴史 ほか)
第2部 老いの周辺をめぐる政策と歴史(日本のリハビリテーション学における「QOL」の検討;人工腎臓で生きる人々の運動と結実;1970年代の血友病者たちの患者運動と制度展開 ほか)
第3部 老いを治めるということ(「脆弱な生」の統治;折り重なる悲鳴;“ジェネレーション”を思想化する ほか)

著者紹介

天田城介[アマダジョウスケ]
1972年埼玉県浦和市生。立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授。社会学。日本学術振興会特別研究員、立教大学社会学部助手、熊本学園大学社会福祉学部助教授などを経て、現職

北村健太郎[キタムラケンタロウ]
1976年生。立命館大学衣笠総合研究機構ポストドクトラルフェロー。社会学

堀田義太郎[ホッタヨシタロウ]
1974年生。日本学術振興会特別研究員PD。倫理学、障害学、生命・医療倫理(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)